amido12

網戸の掃除は1年に1回、大掃除の時にだけ行うという人も多いでしょう。網戸は常に外気にさらされていることもあり、すぐにほこりが付着し、汚れやすい箇所であるとも言えます。

窓を開けた時には、網戸を通して空気を室内に取り入れるため、出来ればマメにきれいにしておきたいものです。

しかし網戸の掃除は面倒で、どうしても後回しにしがちです。しかしこの面倒な網戸の掃除が簡単にできる方法もあるのです。

スポンサーリンク

網戸の掃除をする前の準備

網戸を掃除すると床にボロボロと埃やゴミが落ちてしまいます、床がフローリングならサッとふき取れるので気にすることもありませんが、

床がカーペットだったり大事なものが置いてある場合は床にゴミ袋をしいて汚れがつかないようにしましょう。

網戸の簡単な掃除の仕方

そこで今回は、簡単にできる網戸の掃除方法をご紹介いたします。
まずは汚れ具合のチェックから始めましょう。

軽い汚れだけであれば、乾いた雑巾でなぞるように拭くだけで汚れを落とすことができます。優しくなでるように雑巾を動かしましょう。

次に汚れが気になる場合です。この場合には、まず乾いた雑巾で拭いた後に、水で湿らせた雑巾で汚れを落としましょう。

湿らせた雑巾を2枚用意し、表と裏から挟み込むようにして拭くと、汚れが落ちやすくなります。

それでも汚れが落ちず、頑固な汚れがこびりついている場合には、洗剤を使います。

洗剤を雑巾やスポンジなどにたらし、先ほどと同じように、表と裏から挟み込むようにして押し当ててみましょう。

しばらくすると汚れが浮き上がってきます。汚れを湿らせた雑巾で拭き取るときれいになります。

それでも落ちない細かな汚れにはハブラシを使うのが有効です。ハブラシに洗剤をつけ、優しく磨くと、雑巾では落としきれなかった汚れもきれいに落とすことができます。

amido13

網戸掃除に便利なストッキング

このような掃除方法もよいですが、これよりももっと簡単にきれいにする方法があります。それは破れたり伝線して使えなくなったストッキングを使用する方法です。

ストッキングの中に、いらない布などを詰めて、厚みを出します。水で濡らしたりせずに、そのまま使用しましょう。

このストッキングで網戸をなぞるだけで、静電気が発生し、ゴミやホコリを取り除くことができます。この方法であればとても簡単なので、日頃の掃除と一緒に、月に一度のペースで掃除するとよいでしょう。

スポンサーリンク