2017年4月11日放送の「朝イチ」のスゴ技Qのコーナーはオーブントースターでした。
副島淳さんがプレゼンターになり、オーブントースター徹底活用術を教えてくれました。
オーブントースターでローストビーフを作るのって以前に他の番組でもやっていたのですが、実際に家庭で作ってみたら失敗に終わっていました。
やっぱりオーブンでなかったらローストビーフなんて作れないんだ~って泣いていたのですが、今日のあさイチ「スゴ技Q」を見たらなるほど~って思いました。
これでもうローストビーフは失敗しないでしょう

スポンサーリンク

新生活が始まる春

お手ごろな千円台ものから3万円台のものまで家電量販店の売り場には50種類以上のオーブントースターが販売されています。

オーブントースターを使いこなしていますか?

待なかで歩いている方に聞いてみました。

オーブントースターはパンだけ焼けたら良いかな?
パんを焼くかお魚焼くかあとはグラタン焼くくらいです。
みなさんあまり使いこなせていないようです。

そこでオーブントースターのタイマー操作だけで作れる絶品料理の数々を紹介します。

フレンチのシェフがあさイチのために考案した極上ローストビーフは?

ある食材を使えば絶妙な火の通り具合を実現
東京六本木
フランス料理 料理長
宮慎太郎さん
オーブントースターでのレシピ開発をしてくださいました。

宮慎太郎さんが料理長を務めるフランス料理店はあのヨーロッパのレストランガイドで一つ星を獲得しているグゴ腕シェフなのです。

オーブントースターで作ったローストビーフ

ベストな仕上がりです。

副島淳が早速タキシードを着て試食をしました。
柔らか~

このプロの味をオーブントースターで実現するポイントはなに?

お肉の中心温度が56から58度になるように周りを焼き固めていって余熱で火を入れる事です
今回はタイマーを上手く使って肉が丁度良く焼きあがる方法を発見しました。

オーブントースターの特徴は?

特徴1は庫内が狭い
ヒーターと食品の距離が近いため短時間で高温になり焼き目がつきやすい。

特徴2は高温を維持しますので

余熱調理が上手に出来ます

宮崎シェフはこの短時間で高温と余熱の2つの特徴を最大限に生かした簡単レシピなんです。

極上ローストビーフ作り方のポイント

800w(ワット)のオーブントースターで極上ローストビーフを作る
網からヒーターまでの距離はおよそ8センチ

その1は材料の大きさです。

これに対して肉の高さは4センチがベストです。
さらに約250グラムあるとちょうど良い火の通り具合になります。

肉はたっぷり目に塩・こしょうをします。
30分間室温に置いてなじませます。

その2包み方です。

お肉への熱を和らげるためアルミホイルは2重にします。
さらにマッシュルームを一緒に包んで焼きます。

強すぎる火から(肉を)守る役目をします。
お肉が最終的に火が入ったときに、
肉と同時に付け合せが出来ます。

なぜマッシュルームなのか?

宮崎さんおすすめ!肉への火の入りすぎを防ぎつけ合わせになる食材としてマッシュルームが選ばれています。

料理をしながらマッシュルームがつけあわせの理由を教えてくれました。

ローストビーフの加熱のポイント

ポイント1

マッシュルームを2ミリの幅にスライスして肉全体を包むように並べます。
オリーブオイルをお肉にかけて中の水分が逃げないようにアルミホイルでしっかり包みます。

ポイント2

2回に分けて加熱します
アルミホイルに包んだお肉はトレーにのせて焼きます。
1回目は約5分
その後20分間余熱で調理します。

一回で加熱しない理由は?

一気に加熱するとどうしてもお肉の周りが焼き固まりすぎてお肉にストレスがかかるのでお肉がパサパサになりやすいのです。

1回目の余熱終了後、肉の表面に焼き色をつけます。

アルミホイルを開いてお肉の上に乗っているマッシュルームを下へ落とします。

2回目の加熱は3分間

アルミホイルを開いたまま焼いてください。
余熱は15分間で。

これで肉の中心温度は?宮崎シェフの目ざる56度~58度になっているのでしょうか?

スポンサーリンク

お肉の温度を測ってみました

調理科学の達人・佐藤秀美さんの協力で測ってみました。
先生は
日本獣医生命科学大学 客員教授 佐藤秀美さんです。

測った結果・・
2回目の余熱終了後でも肉の中心温度は60度あまりでした。

佐藤秀美によると、肉は65度を超えると急速に縮んで肉汁が外にこぼれるものですが、このオーブントースターの加熱では肉が60度付近で仕上がってジューシーで柔らかい状態になります。

そのローストビーフの切り口は?

すごい
めちゃっめちゃ綺麗なピンク色なっていて美味しそうです。

ワォ
これなら今まで失敗続きの私でも出来そうです。
マッシュルームの水分と肉の旨みが絡み合った絶品ソースも完成です。

今までオーブントースターで簡単に作れますとテレビでみて何回かチャレンジしたのですが、パサパサで上手に焼けませんでした。

お肉の塊も安くもなく、もう失敗したくないと思っていたので、やっぱりローストビーフは夜会けどデパートとか、お肉屋さんで買うしかないのかな~って思っていました。

簡単柔らかローストビーフが実現

お肉屋さんもも肉100グラム250gで作っていました。
お肉の切り口が濃いピンク色になって本当に美味しそうです。
スタジオの山口もえさんやイノッチも美味しいを絶賛していました。

マッシュルームの調理法にも注目

日本獣医生命科学大学 客員教授 佐藤秀美さんがマッシュルームについても解説してくださいました。

マッシュルームのようなきのこは元々は旨みをあまり持っていないのです。
ところが加熱してじわーっと旨みが出てきます。
今回のようにお肉とアルミホイルに挟まれたマッシュルームは
温度が穏やかに上昇するのでうまみアップ

丁度ゆっくり上がっていく温度が酵素が働く時間になっているので十分に(酵素が)作られるのです。

肉の旨にはイノシンサンとグルタミンサンがありますが、あわせることで相乗効果がありグーンと美味しくなります。

なぜじゃがいもではないの?

じゃがいもは断熱効果が低いのです。
すると火が入りすぎるので肉が縮みます。
すると肉汁が出すぎてしまします。

短時間の加熱でお肉の殺菌はどうなるの?

簡単に短時間でローストビーフができるのはうれしいのですが、お肉の表面の殺菌はどうなっているのでしょうか?きになった有働アナが質問してくれました。

日本獣医生命科学大学 客員教授 佐藤秀美先生によると測定した結果、75度で1分以上は、食中毒菌の予防の温度に達しているのです。

食中毒菌は大丈夫?

食中毒菌がお肉の表面についていてもお肉の中には入って来ないのです。
お肉の表面がしっかりと殺菌できていれば肉は安心して食べられます。

どんなオーブントースターでも同じように極上ローストビーフが作れるの?

800W(ワット)(網とヒーターの高さ約8センチ)
1000W  (網とヒーターの高さ約10センチ)
1200W  (網とヒーターの高さ約8.7センチ)

ワット数と距離は関係しますか?

ワット数が大きいほど、あるいはヒーターと網の距離が短いほど肉に多くの熱が入ってしまいます。

そのためにワット数が大きくたお肉との距離が近い場合には断熱効果として
マッシュルームの層を厚くするのがオススメです。

2~3ミリのマッシュルームを2層から3層にして調整してみてください。

更に美味しくする宮崎さんオススメは?

1回目5分焼いて余熱した後
十分加熱したら一度オーブントースターから出してください。
そのままオーブントースターに入れておくと加熱が進んでしまいます。
出す時は熱いので十分注意をしてくださいね。

アルミホイルを開けてお肉に乗っているマッシュルームをフォークなどで落としてください。

焼くときのポイント

アルミホイル真平らにしてオーブントースターで焼いてください。
このときアルミホイルが平らになっておらず少し斜めになっていると熱を妨げる原因になります。

スポンサーリンク