asinonioi10

現在は数多くの飲食店が椅子に座るテーブル席と靴を脱いで上がる座席の二パターンを用意しているので、足の臭いが気になる人でもさりげなくテーブル席を選べば、靴を脱ぐ必要がなく快適に外食を楽しむことができます。

 

しかし時間帯や曜日によっては店が非常に混み合っていることもあるので、テーブル席を希望していても靴を脱ぐ席のほうが早く空いてしまって、不可抗力で靴を脱がなくてはいけないこともあるでしょう。

スポンサーリンク

自宅で簡単に消臭しよう

そんな場合にケアしていない自分の足の臭いで、周囲の人間を不愉快な気持ちにさせないためには、自宅で簡単にできる消臭術を日々の生活に取り入れるのが一番です。

 

重曹を混ぜた足湯で雑菌を取り除けます。
自宅でのケアは入浴時に足の雑菌を取り除く方法が基本ですが、さらに徹底して消臭したい人はどの家庭にも常備されている重曹(じゅうそう)を使って除菌しましょう。

asinonioi6

足のニオイの原因を知ろう

足の臭いの原因はいくつか考えられます。
まずは足じたいが汚れているので臭くなる。
靴を洗っていないので、雑菌だらけの靴をはいて足が臭くなる。
靴下も怪しくないですか?
洗濯したつもりの靴下ですが、実は雑菌が取れてない為に靴下を履くと足が臭くなる事も考えられます。

それでしたら、原因はわかってきたので靴は豆に洗って、靴下は除菌できる洗剤で洗ってみましょう。

zyuso

重曹が効果を発揮する

靴と靴下の臭いの元の雑菌を取り除きが終わったら次は足です。

足の臭いの原因である雑菌は、基本的に酸性の中では生存できません。
そこで足のニオイの原因である雑菌を取り除くには重曹を使ってみましょう。

 

重曹はたんさんとも呼ばれている通り弱酸性の商品で、自宅で掃除などで簡単に活用できる便利なアイテムとなっています。

 

使い方としては普段通りの入浴後に、両足がしっかりと入る洗面器に40度程度のお湯を張り、その中に小さじ1~2杯程度の重曹を入れます。
重曹とお湯をかき混ぜてから30分間足を浸せば終了です。

 

 

重曹自体には臭いがありませんし、できたらここで足の汚れも落としてしまいましょう、最後に石鹸で洗えば問題ありません。

また重曹のかわりにお酢を入れても、似たような効果が見込めます。

スポンサーリンク

納豆に含まれるある成分が足の臭いを押さえます

これ以外の簡単な臭い消しの方法としては、食べるものを工夫する方法もあります。
何故かというと食べ物の中には発汗を促すものが数多く存在しているためです。

 

汗をかくことで普段以上に足の臭いがきつくなるケースは多いので、発汗を抑える食品を取り入れれば間接的に臭いを緩和することができます。

asinonioi11

そのため一日の予定が明確に決まっていて、どうしても靴を脱ぐ必要がある場合は、自宅で食べるメニューを納豆など発汗を抑制する作用のある食べ物を食べて少しでも汗をかきにくい料理にすると効果的です。

 

納豆などの大豆の食品には女性ホルモンに似たイソフラボンという作用がありますこの女性ホルモンが汗を押さえてくれます。
ただ人間は汗をかく事により体温の調節を図っていますので全く汗をかかないという事はできませんので多少でも汗を抑えるという事をご理解下さい。

 

靴も時々消臭ケアができる

靴についてしまった悪臭は洗濯と消臭スプレーで取り除けます。
足のケアだけでなく靴についてしまった臭いも取り除きましょう。
家に帰ったら10円玉を靴に忍ばせましょう、

10円玉は銅からできていますが、この銅が雑菌の繁殖を抑える効果があるのです。
是非お試し下さい。

洗濯機に入れて洗うのが簡単ですが、衣類を洗うための洗濯機に靴を入れるのは抵抗がありますね、お風呂場で手洗いするのが面倒な方はコインランドリーを利用しましょう。

足の臭いケアまとめ

出かけるとわかっている日は汗とを抑える効果のある食品を食べよう。

靴は時々洗う。
靴下は除菌洗剤で洗濯する。
足はコマメに重曹や酢で洗おう。
外出から戻ったら10円を靴に入れニオイの元になる雑菌の繁殖を抑えましょう。
これで悩ませられた足の悪臭から開放されるでしょう。

スポンサーリンク