あの森のくまさんをパロって大受けしたパーマ大佐がCDを発売しようとした途端に作詞家の先生から待ったがかかったんだって、「著作者人格権」て何?って感じですが六法全書に記載されてる事項でした。

でもネットではあまり良いこと書いてなけど、どっちの言い分が通るのかな?

CD買うなら今のうち?

パーマ大佐の森のくまさんのフルバージョンを載せましたのでお聞きください。
このyoutubeも聞けなくなるかもです。

スポンサーリンク

パーマ大佐の森のくまさんのフル

そもそも「森のくまさん」という歌がありますがこの歌をパーマ大佐が替え歌で歌ったのが始まりだったんです。
ウクレレや歌ネタで大受けしている芸人さんです。
歌があまりにも面白くて突然過ぎた元々歌「森のくまさん」の内容がよ~く分かったって人が多いんですよね。

5番までの歌の内容をじっくり聞いて見てください。

数量限定で発売中!
森のくまさん/パーマ大佐[CD+DVD]【返品種別A】

馬場祥弘は詐欺師だって本当なの?

なんだかyahooの知恵袋に書いてあること読んでいるとそうかなぁとも思うけど、どっちが正しいんだろうね。


スポンサーリンク

馬場祥弘て誰?

ばばよしひろ
別名は小森 豪人(こもり ごうじん)
生年月日1944年
日本の小説家、作詞家
学歴は関西学院大学卒業
東京の広告代理店にディレクターとして勤務していました。
コマーシャル・フィルムの制作を手がけていました。
この仕事を退職した後は放送作家やコンサートプランナーや作詞家やDJをしていました。

1970年頃より小森 豪人(こもり ごうじん)の名前で音楽関係の書籍を執筆していました。
クイズや雑学などの書籍も執筆していました。

「森のくまさん」の日本語訳詞者となっています。

ウィキペディアより引用

『森のくまさん』の日本語訳詞者。この歌が『みんなのうた』で紹介された当時は日本語作詞者は不詳とされていたため、「作詞・作曲:不明(アメリカ民謡)、編曲:玉木宏樹」とされていたが、その後、馬場祥弘による「『森のくまさん』は自身が作詞・作曲した作品である」という主張が認められ、一時期は「作詞・作曲:馬場祥弘」としてJASRACに登録されたが、その後の調査で原曲となるアメリカ民謡の存在が判明し、「作詞・作曲:不明(アメリカ民謡)、日本語訳詞:馬場祥弘、編曲:玉木宏樹」となった。玉木宏樹は著書の中で、伝聞であるがとした上で馬場祥弘が一時期「作詞・作曲者」となったのは文化庁に直訴したからと述べている

馬場祥弘名義の著書には架空戦記小説が多数存在します。

著作者人格権とは?

ウィキペディアより引用
著作者がその著作物に対して有する人格的利益の保護を目的とする権利の総称である。著作物には、著作者の思想や感情が色濃く反映されているため、第三者による著作物の利用態様によっては著作者の人格的利益を侵害する恐れがある。そこで、著作者に対し、著作者の人格的利益を侵害する態様による著作物の利用を禁止する権利を認めたものである。

 

馬場祥弘は詐欺師だって本当?パーマ大佐の歌はどうなるの?まとめ

替え歌はいつの世のにもあり、ブラックユーモアですが、疲れた人の心や頭を和らげてくれる作用があるように思います。

スポンサーリンク