kiku-1

9月9日の重陽の節句とは、五節句の最後となる節句です。
今では言葉だけが残っている状態ですが、元々は鳥獣を祈る行事でした。
菊の花が咲く頃なので「菊の節句」とも呼ばれて優雅な伝統が息づいています。

 

奇数が縁起が良い数字とされている中国では一番上の数字である最上級のお9が重なるこの日を「重陽の節句」と言って盛大にお祝いをしていました。

 

1月椎体(元旦)3月3日(ひな祭り)5月5日(こどもの日)7月7日(たなばた)と並ぶ五大節句のひとつです。
その昔は組の実を袋に入れて野山に登って菊酒を飲んで邪気を払って長寿のお願いをしました。

スポンサーリンク

中国から伝わった重陽の節句の習慣

コノために「菊の節句」とも呼ばれて、そのことが日本に伝わって、平安時代には菊酒を飲んで長寿を願う「観菊会」が行われてやがて庶民の間にも広まって祝われるようになってきました。

 

現代ではこの行事はさておいて、言葉だけが残っています。

雛人形のお手入れする習慣と大人の雛祭り

雛人形を1年間しまいっぱなしにせず9月9日に飾って虫干しをして痛みを防ぐ習慣と、長寿と健康を願って大人のためのひな祭り「後の雛」と呼ばれます。
kiku-2

重陽の節句は「お九日」と言われるのは?

9月9日は元々は「お九日」(おくんち)と呼ばれていました。
各地では祭りが行われ、九州の龍踊り(じゃおどり)は特に有名です。

 

九州では9月の祭りを全てお九日と呼ぶほどです。
お九日に茄子(なす)を食べると中風にかからないとも言い伝えられています。

 

菊の節句の色々な習慣

菊の節句身近なもので菊づくし?
四季に恵まれている日本、季節をたのしみ味わう中でみじかなもので菊にまつわる様々な楽しみ方を紹介します。

菊枕

この日に菊の花を摘んで陰干しにしたものを枕の中に入れて寝ると邪気がはらわれると言われています。
本当のところは菊枕には血行促進と、安眠効果の作用が有ります。
いまでもアロマテラピーに菊は用いられています。

菊花茶とは

中国では古くから漢方薬としても使われる菊花茶です。
菊の花を天日干しにして乾燥させた菊花茶は体内での水分の代謝を促進して、便秘にも効果があるようです。

菊酒とは

昔中国では菊には延命の効果があると信じられてきました。
この重陽の節句の日には菊酒を飲む習慣がありました。
本楽ですと菊の花を本格的に漬け込んだお酒なんですが、日本酒の上に菊の花びらを浮かべて香りをたのしみながら飲んでも大丈夫です。

菊湯とは

お風呂に菊の花を乾燥させて浮かべる「菊湯」
この菊湯に使われるのは「リュウノウギク」と呼ばれる種類の菊が使われます。
生葉を摘んでそのまま浮かべても秋の香として十分に楽しめるでしょう。

着せ綿とは

9日の前日に菊の花に真綿をかぶせておきます。
翌朝になってその露に湿った真綿で顔を拭くと若返るという言い伝えが有ります。

 

ただ、白いろの菊には黄の布、黄色い菊には赤い綿、赤色の菊には白い綿を被せるという決まり事があるので注意です。
手に入りやすい白い綿などで、早速赤い菊にかぶせて試してみましょう。

スポンサーリンク

菊人形とは

昔からの重陽の節句を祝う薄れていますが、現在でも受け継がれている菊人形展や菊の品評会などはこの重陽の名残となります。
菊は開花期間が長いので長寿を表す縁起が良い菊を愛でる菊人形は江戸時代に広がっていたようです。

kiku_m

菊料理とは

日本皇室の紋章の菊を使用して、薬用や観賞用だけではなく、食用にもなっています。
菊を初めて食の材料として用いたのは室町時代です。
酢の物や和物やおひたし、お吸い物に天婦羅(てんぷら)などその食用範囲は広くて現代でも親しまれてきています。

kiku-3

菊の効能とは

菊は昔から不老の妙薬と言われて来ました。
漢方では主に解熱鎮痛や消炎薬として効果や効能があるとされて来ました。

菊のその他・ぐみ袋で厄払い

重陽の節句である9月9日にはグミ服をを腰に下げて山登りをして、菊酒を飲むと災いを払うとされてきました。

 

グミというのは中国が原産で薬用に使う実の事を言います。
濃緑の粒には強烈な香りを放って、蚊よけにも成りました。
今でも日本ではグミ袋を作って厄除けとして飾る習慣があるのです。

スポンサーリンク