kazoku-ryokou6

夏休みになると子供たちも家族との旅行をとても楽しみにしています。
今年はどこへ連れて行ってくれるのかな?ワクワクしている事でしょう。
家族の中では沖縄で海とプールで遊びたいという声が上がっていますが、さてさて今頃になって、格安で宿を取る事はできるのでしょうか?

 

親にとっては以外に短い夏季休暇を有意義に子供たちと過ごしたいものだと頭を悩ましていることでしょう。
少しでも安くて楽しく充実した過ごし方はないものかと色々知恵を絞っておられるでしょう。

kazoku-ryokou5

今はいろいろな情報が地方の情報誌やネットで提供されていますから、その気になって探せば、家計に優しい格安や激安の夏休み家族旅行も楽しめます。

ただ格安旅行や激安旅行には難点がいくつかあって、中途半端な時間にしか飛行機が飛ばないから安い場合などが有ります。
他にも指定便にすると割増料金になったりします、隙間だから安いという事なんでしょうね。

旅行通の人に聞いてみた結果どうやら一番安いのは大手旅行代理店のプランでホテル代と飛行機代とレンタカー代がセットになったプランだったそうです。

GWが終わった途端に夏休みのプランが各旅行会社のHPには掲載されているはずですのでチェックしてみましょう
そして、同時にいくつか工夫を凝らせば、さらにもっと財布に優しいことになります。
交通費や宿泊代で少しでも安く楽しい旅行になるコツをお伝えしましょう。

スポンサーリンク

 

交通費を安くするには

もしも、旅行代理店のプランを利用しないで自分で全部やってのける場合ですが少しでも安くなるように考えて見ました。
旅行というと、一番かかってくるのがなんといっても交通費ですよね、こちらを少なくする方法の研究も是非、視野に入れてみてください。

 

たとえば、旅行会社が特別セールする場合がありますし、期間が限定されることもありますが、キャンペーンチケットを利用するのも一策です。
こまめに旅行会社へ足を運ぶと以外な旅行パックが見つかるかもしれません。

 

夏休みとなるとお盆中の家族全員の休みを想像しますが、これだと難しい面があります、そこでお盆などを外してみると以外に色々と旅行の選択肢が広がります。

 

要はじっくりと丹念に見つけることです。
それでもだめであれば、遠隔地は避けるというのが賢明です。

 

場合によってはレンタカーで旅費を安くする手もあります。
旅行には行きたい、安くは上げたい両方のいいとこ取りをしたいですよね。

kazoku-ryokou1

宿泊代を安くするには

その次にお金がかかるのは、宿泊代でしょう。
こればかりは、ホテルや旅館を普通に検索していたら埒が明きません。

 

自炊宿や湯治宿に当たるのも一つでしょうし、市町村の施設など公共のものを探すのも有効です。
中には、勤務先の企業の保養所や契約施設などもねらい目ということになります。

 

そのためには少し早めに行動に移さないと、人気の宿泊施設は皆も同じ事を考えていますから早めに手配をしましょう。

 

いざとなったら安く上げるのにはキャンプ場という手もあります。
さすがにテントはどうもというのであれば、バンガローということもできます。
食事は自分たちで作ることになりますが、家族旅行としてはいつまでも思い出に残るものになることは請け負えます。

kazoku-ryokou9

スポンサーリンク

食事代を安くするには

そして、三番目にお金がかかるのは食事代でしょう。
こちらはせっかくの家族旅行でひもじい思いはさせたくないでしょうから、ある程度の配慮が必要ですが、前述のキャンプ場の場合なら、少し贅沢な材料を用意しても、全体的にかかる料金比較では負けないでしょう。

 

baiking

もしも、宿泊施設を利用する場合は、お子さんの年齢にもよりますが、できればバイキング形式のものを選ぶといいでしょう。

 

そこにかかっているお金はそれほどでもありませんし、何よりもお腹を満たすことができるのが最大のメリットです。

 

朝食もバイキングであれば、昼食はそれほど豪勢でなくても大丈夫なので、財布に優しくなるわけです。
最近はどちらかというと、お金を掛けて楽しむ風潮もあるので、お金を掛けずに楽しもうと家族で知恵を出し合うのもいいのではないでしょうか。
いずれにしても思い出に残る楽しい旅になりますように。

スポンサーリンク