azisai-yuumei

神奈川県鎌倉市には、あじさいの三大名所とされる明月院(めいげついん)、長谷寺(はせでら)、成就寺(じょうじゅいん)があり、5月下旬頃から咲き始め7月上旬頃まで楽しめ、6月上旬頃から6月中旬頃に見頃を迎え多くの観光客で賑わいます。

三大名所のアクセス方法とみどころをまとめてご紹介します。

 

スポンサーリンク

明月院のあじさい見ごろは?

明月院は、鶴岡八幡宮の北に位置し、JR横須賀線の北鎌倉駅から東へ徒歩で約10分ととても交通アクセスが良く、
6月上旬~7月上旬には日本古来の品種ヒメアジサイ2,500株が咲き誇り、境内全域が淡い青色の明月院ブルーで埋め尽くされます。

 

見頃は6月末迄と朝日新聞デジタルでも掲載されました。
6月中旬~6月下旬の満開時には、平日でも開門前には行列が出来る事があり、境内の散策路も狭い為に1時間待ちや入場規制があります。
特に山門前の散策路は非常に混み合います。2016年の最盛期は、例年通り6月上旬と予想されています。

拝観時間は8時半~午後5時迄です。

拝観料は500円
小中学生は300円
未就学児は無料です。

azisai-tra2

スポンサーリンク

 

長谷寺のあじさい見ごろは?

長谷寺は鎌倉を代表する寺院です。
江ノ島電鉄の長谷駅もしくは長谷観音バス停より徒歩で約5分と非常に近い場所にあります。

 

見頃は6月上旬から7月上旬です。
長谷寺は、他のスポットに比べ40種約2,500株以上とあじさいの種類が多彩で花の大小や様々な色のあじさいが楽しめます。
鎌倉長谷寺のHPでは随時【花さんぽ・アジサイの開花状況と境内の花々】と表題を付けてアジサイの開花状況を知らせてくれています。

6月3日には3から4割程色づきましたと記載されていましたが、最新の6月8日には咲き誇った色とりどりの紫陽花の画像もアップされており「境内の紫陽花は見頃を迎えています」とあります。

 

特に長谷四片、長谷の潮騒、長谷の祈りは長谷寺特有の新種です。
長谷寺の境内北西部の傾斜のあじさい路は、あじさいだけで無く湘南の海や鎌倉の街並みの眺望が美しいのですが、道幅も狭く傾斜もキツイ事から例年混雑し渋滞が発生するので、6月第2、第3の土日と混雑し渋滞が発生した場合に入場規制が行われます。
2016年の最盛期は、例年通り6月中旬と予想されています。

haseteraazisai

 

成就院のあじさい見ごろは?

成就院は、1219年北条泰時により建設された真言宗の寺院です。
江ノ島電鉄の極楽寺駅から約5分ほど坂を下ると成就院へ続く人間の煩悩の数と同じ108段の階段があり、階段の両側や由比ヶ浜が見渡せる参道の般若心経の文字数と同じ262株のあじさいが植えられおり、山門からは由比ヶ浜や材木座海岸が一望出来ます。

hase

成就院のあじさいはの見頃は例年6月上旬~7月上旬にかけて楽しめます。
2016年は参道工事が行われている為にご縁のあった南三陸町の名刹大雄寺に送られております。
残念ですが、あじさいは2015年より3年間観賞出来なくなっています。
2017年まで成就院参道紫陽花はお休みですが、参拝は工事中もできます。

スポンサーリンク