amefuto

最近では誰にでも発生しうる癌(がん)、芸能界の方でも、乳がん、すい臓がん、胃がんなどガンにかかったという報告が後を絶ちません。
今回も若いバリバリのスポーツ選手がガンと闘うというタイトルを見て本当にショックでした。
若い方がこのガンにかかってしまうと進行が速いのでとにかく早期発見、早期治療が必要ですね。

スポンサーリンク

骨肉腫とは

骨肉腫というのは骨の骨の腫瘍悪性の代表格です。
骨の悪性腫瘍の中でも最も発症頻度が高いのが原発性骨腫瘍と言われます。
青少年期に発病する事が多いようです。
この原発性骨腫瘍にかかると予後が悪いのす。
特に膝関節や肩関節に近い所から発生するようです。
悪性腫瘍の半数は脚の大腿骨の下端にできるのです。
其の津にに多いのが脛骨(けいこつ)で膝から下の太い方の骨の上端にあたります。
肘、股関節などに悪性腫瘍が発生するのは少ないようです。
もし放おっておくと腫瘍細胞が肺にまで到達してしまいます。
すると腫瘤を作ります。

スポンサーリンク

骨肉腫の初期症状は

普通に走っていたり跳んでみた後に、膝の関節が痛む事があります。
ボール遊びをした後に肩の関節が痛む事もあります。
普通に安静にしていると痛みはおさまるので運動をしたことによる痛みだと勘違いをすることが多いようです。
ところが症状が進んでくると安静にしていても痛むようになるのです。

すると痛い部分を見ると腫れて赤く成り触ってみると熱を持つようになります。
ドンドン進むと関節が動きにくくなります。

痛みが始まって病院へ受診するまで2~3ヶ月かかっているのが現状のようです。

1980年より以前ですと診断された後には早期に患部である腕や脚などは切断する手術が行われいましたが、最近では抗がん剤の進化により生存率がよくなっています。
今では2/3の患者さんが生存するようなり治っています。

ただ全ての患者さんに抗がん剤が効く訳ではなく、手術を行った場合には人工の骨や関節で再建ができます。

大森優斗さんも膝の痛みがたいした事ない、いつもあることと油断していたところ痛みが引かなかったとか。
痛みってやっぱり何か身体の中の信号を発信しているんだと思うんですね。
その信号を逃さない事が大事だと思います。
もしガンが発見されたとしても早期治療をすれば、また元気に仕事やスポーツができるのですから、怖がらないでおかしいなと思ったら病院へ受診する事が必要ですね。
まさかの為にころばぬ先の杖、がん保険もしっかり手当しておきたいものですね。
年齢、性別、などを入力するだけであなたの保険料を無料で見積もります。
これからのガン保険は通院治療が手厚いのがオススメです。

SBI損保 がん保険

アメフト大森優斗がんと闘う

アメリカンフットボールの元日本代表24歳の選手ががんと戦っているなんて・・・・
辛い、本当に辛い。
以前にはXリーグ中地区のインターセプト王になりタックル回数も地区10位になっていました。
アメフットの「オールXリーグ」というプロ野球でいるベストナインにも初選出されていました。
日本代表りもしていたとう矢先・・・
ニュースを知った私達が落ち込むのですから、ご本人はさぞかしショックだと思います。
それでも治療に専念して、1年ぶりにフィールドに戻って来て仲間にアドバイスをくれるなんて嬉しいですね。
「絶対に前を向く」 がんと闘うアメフット元日本代表 https://t.co/nXDT3YiQ4O

— 朝日新聞スポーツ (@asahi_sports) 2016年11月13日

<script>

大森優斗さんはまだがんの治療中で再び入院予定をしています。
抗がん剤の治療は小林麻央さんのブログkokoro.を通じてかなり辛いものだと私達一般人も知りました。
幸い大森優斗さんはがんの転移がないということ。
まだまだ若いこれから先が長い若者。
是非とも一日も早く完治してまた大きなフィールドでプレイをする姿を見せてくださいね。
みなさんの癌の知らせを受ける度に自分に照らし合わせ、保険の見直しも含めて生活態度を改しっかりしないといけないなぁと思うのでした。

スポンサーリンク