窓に発生するカビは、健康に悪影響を及ぼしてしまいます。カビが発生するということは、そのカビが胞子を放出しているということになります。

その胞子によりアトピー皮膚炎やアレルギー性鼻炎、喘息を発症する場合もあります。

窓のカビをキレイに落として気持ちよく暮らしたいものです。

スポンサーリンク

窓と網戸は一緒に掃除しよう

窓のカビ取りと一緒に網戸の掃除もすると、気持ちいいですね
網戸の楽な掃除の仕方とは!破れたストッキングを使おう

掃除用にタオルを使うもいいですが、破れて使わなくなったストッキングでストッキング団子を用意すると網戸と窓掃除の両方に使えて便利です。
 

窓の普段の掃除は中性洗剤で

窓に発生したカビは、水で拭いても充分にとれますが、住宅用の中性洗剤をスプレーして、時間を置いて水拭きをすると綺麗に掃除することが可能です。
そして、よく乾かした後で消毒用のエタノールをスプレーすると、再び発生するのを抑えることができます。
 

窓のガンコな汚れに漂白剤

それでもとれないカビ汚れには、塩素系の漂白剤をスプレーします。
スプレーする前には床などに漂白剤が付着しないように掃除用のタオルなどで覆っておく必要があります。

スプレーをしたらラップなどを使って覆い、時間を置いてから水で拭き取ります。
掃除用のタオルを多めに準備しておくと楽に作業ができます。

漂白剤の臭いで気分が悪くならないように、窓は換気するために空けておく必要があります。
窓に発生したカビを防ぐためには結露の対策が最も効果があります。

窓掃除のあとの結露対策

%e7%aa%93%e3%81%ae%e7%b5%90%e9%9c%b2
結露の対策としては、部屋の湿度を抑えるために料理をするときには必ず換気扇をつけたり、部屋で洗濯物を干すときには除湿するようにしたり、空気を晴れた日に入れ替えたりする必要があります。

空気の入れ替えは押入れや、クローゼット、トイレなども行い湿度を低くしておく必要があります。
結露防止シートや、吸水テープ、除湿剤などといった道具を上手く利用するというのも良い方法の一つです。
もちろん、結露ができやすい場所の水気をこまめに拭き取ることのが最善の方法になります。
結露が梅雨の時期に発生しやすいのは、北に面した窓やエアコンの近く、風呂場、トイレなどです。
家の中を全て掃除をするのは大変ですし時間がかかってしまいますが、カビが発生しやすいところだけ重点的に結露を拭き取っておくと梅雨が終わってからの掃除がかなり楽にすることができます。

窓と一緒に網戸もキレイにしよう
網戸の楽な掃除の仕方とは!破れたストッキングを使おう
 
 

スポンサーリンク