7月28日に「みずがめ座δ流星群」が見頃を迎えます。

ちょうど夏休みに入った時期に極大になる流星群で観測のため郊外に出かけるにもいいでしょう。

横浜近郊、神奈川県の天体観測スポットも紹介します。

スポンサーリンク

みずがめ座流星群の種類は?

みずがめ座流星群には5月の「みずがめ座η流星群」、7月の「みずがめ座δ流星群」があります。

ηの読み方はイータ、δの読み方はデルタです。

他にも8月に「みずがめ座δ北群」、「みずがめ座ι北群」、「みずがめ座ι南群」がありますが流星の発生頻度が低いです。

この記事では5月の「みずがめ座η流星群」と7月の「みずがめ座δ流星群」について紹介します。

みずがめ座流星群の見頃はいつ?

みずがめ座η流星群

極大時刻:5月6日10時頃

流星群が最も多く発生するのは極大時刻ですが、みずがめ座η流星群はピークが高原状態なので多少ピークから外れても大丈夫です。

見頃:5月5日の深夜から6日の未明

月が西の空に沈むのが5月6日の1時42分頃で流星観測の好条件になります。

みずがめ座δ流星群

極大時刻:7月28日

極大日の前後数日は活動が続きます

見頃:7月28日の前後数日

月が西の空に沈むのが7月28日の22時頃で流星観測の好条件になります。

みずがめ座流星群の見える方角は?

流星が発生する方向を輻射点と呼びます。

みずがめ座η流星群の輻射点はη星

みずがめ座δ流星群の輻射点はδ星

どちらもみずがめ座の付近にあります。

輻射点の方角から放射状に流星が流れますが、あまり方角にはこだわらないで流星を探したほうが見つけやすいでしょう。

むしろ月明かりが観測の邪魔になるので月が見える方角を避ければどこの方角を見てもいいです。

みずがめ座の見える方角はどちら?

流星を見つけるのにみずがめ座の方角にこだわる必要はありませんが、せっかくなのでみずがめ座の方角も確認しておきましょう。

みずがめ座は12星座のひとつで星座占いでも有名ですが、2等星以上の明るい星はなく見つけにくい星座です。

7月28日の22時頃に月が西に沈んでみずがめ座が南東の空に上がってきます。

引用「今日の星空
横浜の夜空

流星群を見つけに出かけよう

真夏の暑い時期ですが、深夜から明け方にかけては冷え込みます。

暑ければ1枚脱げばよいので1枚余分に上着を準備して出かけましょう。

スポンサーリンク

横浜から行ける神奈川県の星空観測スポット

市街地の照明が届かないなるべく暗い場所に行きましょう。

長時間の場所取りでも他の人に迷惑がかからないところがいいですね

良い場所を見つけたら観測開始です。車の室内灯をけして、スマホの画面も見ないで目を慣らしましょう。

最初は流星を見つけにくいかもしれませんが、暗闇に目が慣れてくると、しだいに流星が見えるようになります。

湘南国際村
場所:神奈川県横須賀市湘南国際村

城ヶ島
場所:神奈川県三浦市三崎町城ケ島

観音崎公園
場所:神奈川県横須賀市鴨居3丁目4-1262

湘南海岸公園
場所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸1丁目18

七里ガ浜海岸
場所:神奈川県鎌倉市七里ガ浜東2丁目1

ヤビツ峠
場所:神奈川県秦野市寺山

スポンサーリンク