223593

 

20年前の阪神大震災、5年前の東北の東日本大震災、4月の熊本地震と頻繁に地震が発生している事で都心への地震の注目が集まっています。
近々、起きるのでは?と予測されている南海トラフ巨大地震は、本当にいつ来てもおかしくない状態にあります。

 

駿河湾を震源とする南海トラフ巨大地震は、確実に日本を混乱させる大規模な地震となるでしょう。
しかし、南海トラフ巨大地震が日本にどの程度の被害を及ぼすのか理解しておらず、予測のできないまだ見ぬ恐怖を軽視している人は、少なくありません。

スポンサーリンク

東京都が「東京防災ブック」を配布

そこで南海トラフ地震に備え、昨年の9月1日に東京都が都民向けに無料で配布したのが防災ブック「東京防災ブック」というものが作成されました。

キャッチコピーが「今やろう。災害から見を守る全てを」東京防災。
配布されると「凄く役立つ!」と話題になりました。

bousai

電子書籍化なので無料でダウンロード出来ます

東京都が配布している防災ブックですが電子書籍でも無料で手に入れる事が出来ます。
東京防災|東京都防災ホームページ

 

東京都の防災ブックは、なんと熊本地震の少し前の3月末からは電子書籍の各店で無料配信されていたというので驚きです。
スマートホンにダウンロードして家族で見てもっと身近に防災についての関心を高めましょう。

 

NTTでも23区に防災タウンを発行

既にNTTでも防災タウンという試みで東京23区には電話帳と一緒に「防災タウンページ」を配布していたようですがみなさんはまた電話帳が来たと思って捨ててしまっていませんか?今一度防災タウンもあるかどうか確認されたら良いと思います。
地震に関してよくわかっていない方は両方を確認されて見ることをお勧めします。

 

bousai11

東京防災ブックに書かれている事は?

 

東京防災ブックには、地震はどんなメカニズムで起きるのか、起こる前にするべき備えとは何か、171はどう使うのか
などの、様々な役立つ情報が掲載されています。

 

地震に関することがわかり易く、凝縮されて載っているので、子供も大人も読みやすいものとなっております。
中には家族間で避難場所を決められるように、地域マップが掲載されているものもあります。

 

避難場所を決めていないと、後々大変なことになってしまったり、親子ではぐれてしまったりすることがあります。
ぜひ、そうなる前に、東京防災ブックを見ながらご家族全員で話し合ってみてください。

 

スポンサーリンク

 

東京防災ブックで

地震について勉強をしてみてください。
東京防災|東京都防災ホームページ

今はまだわからないかも知れませんが、きっと 備えておいて良かった、と思える時が来るでしょう。
この本を読むだけで1~10までのことを準備することができるのです。

今やろう10の防災アクションとまとめられています。

少し説明しますと

・日常備蓄を始めよう
・非常用持ち出し袋を用意しよう
・大切な物をまとめておこう
・部屋の安全を確認しよう
・家具類の転倒防止をしよう
・耐震化チェックをしよう
・避難先を確認しよう
・家族会議を開こう
・災害情報サービスに登録しよう
・防火防災訓練に参加しよう

 

普段からできそうで、できていない事が感心するほど書かれています。
東京防災マップを、最大限に有効活用しましょう。

 

また、地震の前兆がわかったり、地震を予測する方法が少しずつ分かってきているので、南海トラフ地震に早急に対処することが
できるでしょう。

 

こちらの仕組みもまだあまり知られていませんが、防災ブックをよむことで 誰でもわかり易く、簡単に理解出来るはずです。
また、そうすることによって災害のときに自身を守ることができますし、 他の人にも教えることが出来て、一石二鳥です。

乳児用液体ミルク

災害があった時赤ちゃんにはお母さんがいるから大丈夫と皆さん思いがちです。
でもこのお母さんに地震などで強いストレスがかかると赤ちゃんの命綱である母乳がでなくなります。
そんな困った時のために最近話題になった赤ちゃんの液体ミルクをAmazonで購入できるのでお知らせします。

12本まとめ買い Aptamil(アプタミル)液体ベビーミルク 0-6カ月(食欲旺盛な赤ちゃんや後期月齢向け) 200ml
東京都のHPではPDFにして配布もしていますが、無料で配信している無料書籍ストアを以下にまとめましたので、忘れないうちにダウンロードをおすすめします。

toukyoubousai

東京防災|東京都防災ホームページ

パソコンでそれぞれのショップへアクセスしてDLをお願いします。

・Yahoo!ブックストア
・iBooks
・Kindle
・GALAPAGOS STORE
・楽天Kobo
・cdjapan
・honto
・dブック
・デジタルe-hon
・Neowing
・ブックパス
・ブックプレイス
・ひかりTVブック
・BOOKWALKER
・BookLive!
・漫画全巻ドットコム
・セブンネットショッピング
・Readerstore
 
南海トラフ巨大地震の被害想定【最新】津波予想で衝撃の新事実とは?
地震対策グッズと 家具転倒防止して災害に本当に必要な物を揃えよう
鳥取県で震度6弱震源地は鳥取中部
 

スポンサーリンク