kabi3

お風呂場の掃除で一番厄介な存在であるのがカビです。

カビは湿気の多い場所や薄暗い空間などを好みよく繁殖する性質を持っていますので、お風呂場はある意味カビが繁殖するためにとても適した空間であるともいえるでしょう。

お風呂場のカビをキレイに落として清潔な状態を保つポイントをまとめました。

kabi26

スポンサーリンク

お風呂はカビが繁殖しやすい

このようなことから、なるべく風呂場を清潔な状態に保っていることが大切ですが、定期的に掃除を行っているはずなのになぜかすぐにカビが生えてきてしまうということも多いです。

このような事態を無くすためには、より効果的な掃除方法を実践することが大切です。まず、大前提としてカビは目に見えない胞子を飛ばしています。

この胞子が空気中を漂ってやがては壁や床などに付着し繁殖していくというメカニズムでどんどん繁殖範囲を増やしていきます。ですので、目に見える部分だけをきれいにしても、実は風呂場の空気中にはまだ胞子が漂った状態になっていることも多く、すぐにまた床や壁などに付着してしまうのです。

スポンサーリンク

お風呂のカビ掃除でキレイにしたい

このような事態を防ぐためにも、お風呂の掃除をするときは、あまりむやみにブラシなどを使ってこすらずに、市販されている風呂掃除用の洗剤をカビが気になる部分に塗布して、しばらく置いてから洗い流したりブラシで軽くこするようにすると、胞子が飛び散る量を少しでも減らすことができます。

 

カビ取りに使う洗剤は塩素系と酸素系の2種類ありますが、絶対に混ぜてはいけません。混ぜると有毒ガスが発生します。

 

また、掃除をするときにはよく換気をして、すべて洗い終わった後にしっかりと風呂場全体を乾燥させてしまうと、カビの発生を鈍らせることができますので、効果的な方法です。

kabi2

また、風呂場の掃除をするときに見逃してしまいがちなのが、天井部分です。表面的にはわかりにくい部分で、忘れがちになってしまう場所ですが、風呂場の天井はどうしても水滴がたまりやすい環境になっていますので、実は胞子が多く繁殖する場所の一つです。

最低でも一か月に一回は天井を消毒用アルコールなどでふき取るよう心掛けるだけでも、胞子が飛び散るのを防ぐことができますので、お風呂場のカビ発生を抑える効果があります。

スポンサーリンク