peruseusuzaryuuseigun2

空気が澄んで星がよく見える冬の代表的な星座として有名なオリオン座です。

今年の2016年は10月21日、22日にオリオン座流星群がちょうど見ころになる予定です。

オリオン座流星群の方角や見頃、博多や福岡周辺で天体観測に適した穴場や観測スポットを紹介します。

 

スポンサーリンク

オリオン座流星群の天体観測の楽しみ方と準備

・10月も後半になり冬が近づいてきました、深夜は冷え込むので厚着をしていきましょう。
・寒いからと焚き火をするのは火事の危険があるのでやめましょう
・ゴミを捨てたり、私有地に勝手にはいるのはやめましょう。
・山の中に行く場合は猪や鹿などの野生生物もいるので注意してください。

目を暗闇に慣らしてオリオン座流星群を探しましょう

目が暗さになれないうちはオリオン座流星群を見つけづらいかも、しかし目が暗闇に慣れてくると流星を見つけられるようになるでしょう。

場所選びも大事です、街灯が少ないくらい場所を探して観測場所を確保しましょう、目を慣らすために車のルームライトは消して、スマホを触るのもやめておきましょう

【高評価レビュー4.3点】最新 双眼鏡 10倍 コンサート オペラグラス スポーツ観戦 観劇 舞台鑑賞 天体観測 バードウォッチング 野鳥観察 望遠鏡 おすすめ ドーム 軽量 観劇用 野球観戦 サッカー観戦 ハイキング 登山 ライブ 野外ライブ 安い 軽い コンパクト personal-α

2016年オリオン座流星群の見頃の時間帯

流星の発生がピークを迎える時刻が極大時刻ですがオリオン座流星群の極大時刻は昼間の10/21のPM2時です。

日中に流星は見えないので前後に夜間がちょうど見頃になります。

2016年のオリオン座流星群の見頃です
10/20(木)夜~21(金)未明
10/21(金)夜~22(土)未明

流星の観測には月明かりが無く暗いほうが良いのですが、月齢が19と満月に近くオリオン座と月の位置が接近しているのであまり条件はよくありません。

2016年 オリオン座流星群の方角と見頃は?

オリオン座の方角から放射状に流星が流れますが、ちょうど月の位置がオリオン座に近いため月明かりが邪魔になって見つけにくいでしょう。

オリオン座流星群はどこの方角でも見えるので月の光を避けて別の方向をみて流星を見つけましょう。

スポンサーリンク

オリオン座の探し方

オリオン座の方角にこだわらないほうが流星は見つけやすいのですが、せっかくなのでオリオン座も見て天体観測を楽しみましょう

オリオン座は人間の形をしたこんな星座です。

星座の中央に3つ星が並んでいるのが目印です、オリオン座は明るい星が多いので見つけやすいでしょう

orion

国立天文台暦計算室の【今日のほしぞら】」を利用してオリオン座の方角を調べる事ができます
%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%b3%e5%ba%a7%e6%b5%81%e6%98%9f%e7%be%a4%e7%a6%8f%e5%b2%a1

10月21日頃の星空ですが東の空で月の位置を確認してから、月のちょっと右側でペテルギウスとリゲルを探しましょう、

 

福岡・博多周辺の天体観測のスポットと穴場

市街地は街の照明やネオンの光が明るく夜空を照らすため流星は見つけづらいでしょう、そこでなるべく暗い場所に出かけて観測しましょう。

流星などの天体観測の条件がいい場所
・なるべく広範囲の空が見える、開けた場所
・市街地の照明が入ってこない暗い場所
・長時間、場所を陣取っても他の人に迷惑にならない公園のような場所

福岡周辺の天体観測のスポットと穴場地図はこちらへ

・星野村(星の文化館)
・背振少年自然の家
・白水大池公園星の館
・東平尾公園
・糸島の二見ヶ浦
・志賀島

スポンサーリンク