r-1nyuusannkin

秋風が吹く頃になると受験生を抱えているお母さんの悩みはお子さんのインフルエンザ対策について悩みが発生するのではないでしょうか?
その他にも悩みはつきないと思います。

勉強についてはお子さんと学校任せでも、健康管理はそうはいかないですね。

インフルエンザの予防接種を忘れず受けさせてあげて更にワクチンの効果を上げるようにしてあげるとか、 日頃の食事や生活面の管理をして受験の時には本領を発揮できるようにサポートをしてあげたいものですね。

スポンサーリンク

インフルエンザ対策を

夏の暑さで体力を消耗してやっと体調をとりもどしたかとおもいきや、そろそろインフルエンザの対策を考えたいものですね。
早くて10月にインフルエンザにかかるお子さんが出てきます。

インフルエンザが流行する前にワクチンの予防接種をしたいものです。
おそくても年内には済ませたいですね。

ワクチンの効果

予防接種をした後ワクチンの効果は約2週間後から効果が得られると言われています。
特に受験生の場合は予防接種の時期については病院で相談したいものですね。

 

昨年より、今までは3価だったワクチンが4価にかわりました。
その事でよりワクチンの効果が期待できるようになりましたが、ワクチンを接種したからってインフルエンザにかからなくなる訳ではないです。

今までも何回もインフルエンザの予防接種をされている方ですとおわかりだと思いますが。予防接種のワクチンは羅患した場合には軽症で済ませられるものなんです。

 

初めて予防接種を受けた時など、ワクチンを予防接種したと安心しきっていいたのに、学校でインフルエンザを感染って来てしまい、どうして?と思った事でしょう。
接種したワクチンと別の型のインフルエンザですと簡単に感染してしまいます。

それでも、予防接種をしていたおかげでそれほど、ひどくならずに済んだのでは?と思った事がありませんか?

1nyuusannkin4

 

r 1乳酸菌とは何?

R-1乳酸菌又は、乳酸菌の中の一種の事です。
R-1ヨーグルトと呼ばれていますが正式にはラクトバチルス・ブルガリクスOLL1073R-1といわれる乳酸菌の事です。
r 1乳酸菌は体内のNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性カサせる事により免疫力を高めてくれます。
さらに他の免疫細胞よりもいち早くウイルスんなどを見つけると攻撃をします。
2016年現在ではこのr 1乳酸菌を接収する方法は、R-1乳酸菌を明治ヨーグルトR-1だけになります。

商品には「明治 ヨーグルトR-1」がありドリンクタイプ、ハードタイプ、ブルーベリータイプ等、数種類が発売されています。
明治で使用されているのは1073R-1乳酸菌と呼ばれるブルガリア菌です。

r-1乳酸菌の効果

予防接種したワクチンにより得られる抗体ですが、体内で獲得免疫となって機能しますが、このワクチンによる抗体はどの程度体内で作られるのかについては個人差があります。

せっかく予防接種したワクチンの効果ですがその人の状態によって変わるのです。
ここで、もし予防接種をする3週間前からR-1乳酸菌を食べ、予防接種の後も食べ続けた人について、抗体陽転率がR-1乳酸菌を食べていない人に比べると高くなったというデーターが出ています。

 

一時期は風邪やインフルエンザの羅患率を下げると噂が広がり、食品スーパーへ行ってやっと見つけても、数量制限でしか購入できませんでした。

生活態度なども改善は必要ですが、毎日何かしら食べている食品の1点をR-1乳酸菌に替えるだけでインフルエンザ予防に少しでも役に立つのでしたら、是非、取り入れたいものですね。

 

特に受験生の場合、親として生活面で応援できるのは塾通いの送迎か食生活などの健康管理ぐらいです。
年末までは夜型だった受験生も朝方に勉強のスタイルも変わる事でしょう。

その頃にはできるだけ栄養バランスの良い食事を食べさせて、うがい手洗いを忘れずに
健康を守るようにしてあげたいものですね、

このようなベースがあってこそインフルエンザの予防接種をしてもしっかり対策がとれるでしょう。
もし、まだ夏の疲れが残っているようでしたら、今のうちにリセットしてインフルエンザ対策をしたいものです。

スポンサーリンク

r-1乳酸菌の効果的な飲み方

今までインフルエンザのワクチンはA型2株、B型1株の3種類のウイスルの株でしたが、昨年からA型2株、B型2株の4種類に増え4価のワクチンが接収できるようになりました。

 

その年に流行すると予想されるウイルスの株でインフルエンザのワクチンは作られていますが、ウイルスの株が増えると予防への期待もアップします。
そうなるとインフルエンザへの予防も期待が高まります。

 

4価のワクチンが接種できるので、誰でもが単純に予防の確率が高くなる!と思いがちですが、お医者さまの目線からはそうもいかないようです。
ワクチンを予防接種した本人の健康状態によっては抗体の出来やすさやワクチンの効果に差が出るという事なんです。

それをお聞きするとなるほど~と思いましたが、R-1乳酸菌をとった人とそうでない人とでは、ワクチンの有効性を表している基準の一つである抗体陽転率にも違いがる事をデーターが示しているので驚きです。

順天堂大学の調べによると、ワクチン接種3週間前からR-1乳酸菌を撮り続けた人と、プラセボをとった人のワクチンの抗体陽転率を比較すると、R-1乳酸菌をとっていた人の方が高い結果が出ている事が解ったのです。

という事は、インフルエンザワクチンとR-1乳酸菌を併用するともっとウイルスへの抵抗力がつきやすくなるということが分かったのです。

1nyuusannkin1

r-1がワクチンの効果を上げる理由のまとめ

インフルエンザの効果はワクチンを接種したからかからないという訳では無い事がわかりました。
夏の疲れをしっかりと取って体調を整えてインフルエンザの予防接種を受けたいものですが、予防接種の約3週間前からR-1乳酸菌を食べているとR-1乳酸菌を食べていない人に比べてワクチン接種後の抗体陽転率が高くなったというデータが出ている事がわかりました。

もちろん、規則正しく生活をしてちゃんと十分に睡眠をとった上でこそ効果が発揮されるという事なんです。
どうせワクチンを接種するのでしたら、しっかりとワクチンの効果を引き出すためにも、良いと言われている事ならぜひ取り入れて、みたいものですね。

スポンサーリンク