mizuakasinku2

毎日丁寧に拭き取っていても、いつの間にか溜まってしまう水垢に困らされている方は多いのではないでしょうか。

水垢そのものは特別に心配するほど不衛生なものではありませんが、食べ物や食器を取り扱うシンクが汚れていると精神的に良くないので、正しい掃除方法で綺麗に落とすことがおすすめです。

スポンサーリンク

シンクの水垢はどうしてできる

まず、毎日綺麗に水気を拭き取っていても水垢が防げない原因は、その正体が水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムといったミネラルだからです。

水分が蒸発した後に残ったミネラルが水垢の原因なので、ただ拭き掃除をしているだけでは防ぐことはできません。
そこで、水垢を落とすのに活躍してくれるのが、クエン酸や重曹です。

アルカリ性の汚れは酸性のクエン酸で落とす

カルシウムやマグネシウムによる水垢はアルカリ性である為、酸性のものを使って中和することで、綺麗に落とすことができます。

多くの家庭に常備されており、安全性の高い酢を使うのもひとつの方法ですが、酢で掃除をするとニオイが気になるという場合には、クエン酸を使うことがおすすめです。

酸性の汚れはアルカリ性の重曹で落とす

また、毎日のシンクの掃除に重曹を使うことで、汚れがこびり付いてしまうのを防ぐことができます。

重曹を粉のままシンクにかけ、スポンジで洗うことで綺麗な状態をキープできるので、こまめに掃除をするという人は重曹を使ってみるのも良いでしょう。
水垢が溜まってしまうと、表面が曇って古びた印象となってしまいますが、クエン酸を使うことで真新しい美しさを取り戻すこともできます。

曇りが気になる箇所にクエン酸水をかけ、ラップなどを貼った状態で放置することで、ピカピカに蘇らせることが可能です。

放置する時間に関してはケースバイケースなので、30分を目安に確認しながら調節するのが良いでしょう。
但し、クエン酸や重曹での水垢掃除を行う場合には、大理石に注意する必要があります。

大理石は酸、アルカリのどちらにも弱く、これらで掃除をしてしまうと逆にツヤが失われてしまいます。
正しい掃除方法で、シンクをピカピカに保ちましょう。

スポンサーリンク