syotyumimai

夏の暑い時期、体の心配や最近の近況などをハガキで報告する文化が日本にはあり、これを暑中見舞い、もしくは残暑見舞いと言います。

 
しかし、いつからいつまでが暑中見舞いの時期で、いつからが残暑見舞いなのか、そのマナーを熟知している人はあまりおらず、暑中見舞いと残暑見舞いの時期を取り違える人も少なくありません。

 
ここで改めて暑中見舞いと残暑見舞いを出す時期を説明したいと思います。

スポンサーリンク

暑中見舞いの時期はいつからいつまで?

出す時期を知っておくことは、今後出すことになる場合にとても重要です。

 

暑中見舞いを送る時期は、梅雨明けから立秋までの時期となります。
そもそもが夏の暑さに対する時期のお伺いの葉書ですので、梅雨が明けてから本格的な夏を迎えてから出されたら良いかと思います。

 

 

梅雨明けは地域によって様々ですが、沖縄なら6月中旬や下旬、本州なら7月中旬ごろとなります。この時期から8月上旬の立秋まで、この期間が暑中見舞いのシーズンとなります。

zansho9

暑中見舞いの投函の注意点は?

この際に注意しておきたいのは、自分の地域では梅雨明けをしても、相手の地域が梅雨明けしていないというタイミングです。

 
もちろん1日でも早く送るというのは大切なことですが、確実に全国で梅雨明けしたことが分かった段階で送ることが確実であり、まだ梅雨なのに暑中見舞いを送ってきたということがなくなります。

スポンサーリンク

残暑見舞いの時期はいつからいつまで?

残暑見舞いは立秋以降から8月いっぱいまでがシーズンとなります。
残暑と聞くと、8月いっぱいというより、9月にまで及ぶ暑い日を想像する人が多くいます。
そのため、9月以降に残暑見舞いを送りたくなりますが、遅くても8月31日までに送る必要があります。

syosyu16

暑中見舞いと残暑見舞いの文書の違いは?

暑中見舞いと残暑見舞いの決定的な違いは文末にあります。
暑中見舞いでは盛夏、残暑見舞いでは晩夏になります。

 

立秋は暦の上では秋であるため、立秋までは夏真っ盛り、それを過ぎてからは夏の終わり、こうした言葉を意味するものを文末につけるのです。
当然ながら文面も違ってくるため、送る時期に合わせた時候の挨拶にしておくのもマナーです。
どちらで送ったとしても失礼ということはなく、送られた人はうれしく感じます。

syosyu6

かもめ~るにプレゼント付きも発売

郵便局では毎年暑中見舞い用に「かもめ~る」という官製はがきを発売しています。
年賀状と違い普通の葉書扱いですが、ハガキの切手のイラストが夏仕様になっていて涼しげになっていたりします。

 

くじも付いていますし、2016年には「プレゼント付きかもめ~る」も発売され、暑中見舞いをいただく方も楽しみがふえました。
2016年度「かもめ~る」は6月1日~8月26日までの販売期間です。

 

暑中と残暑見舞いを書くことのまとめ

仕事を持っていて忙しいけど夏の挨拶を欠くことができない場合のヒントや工夫ですが、お盆の時期にこうした作業をされるときめて葉書を書かれるのはいかがでしょうか。
お盆に書かれるので残暑見舞いで統一するなど、毎年続けていけるようなやり方をご自分の中で決めておいたら、葉書を出すことも忘れず相手に失礼に成らないと思います。

スポンサーリンク