taifu3
 

 
台風7号の最新進路予想はこちら
 

なかなか台風が発生しなかった今年、ついに本州に再接近しそうな台風5号が発生しました。
8月4日にマリアナ諸島沖で発生した台風5号(命名オーマイス)は北に進路をとってゆっくり北上中です。
最新の米軍情報(JTWC)とヨーロッパ情報(ECMWF)から今後の台風の動きをチェックしました。
週末の海水浴を予定に入れている方、本当に気になりますね。

スポンサーリンク

週末はまだお天気は大丈夫そうですが休み明けの8日、9日頃に関東地方の太平洋側に再接近しそうです。
気象庁によれば最大風速18m/s、最大瞬間風速25m/s、中心気圧996ヘクトパスカルで発達中です。

 

たとえ台風が近づかなくても太平洋岸では波が荒れます。
今は夏休みの真っ最中、行楽や海水浴の日程など十分に注意してください。

taifu2

台風5号米軍の予報

台風5号の米軍、台風情報を見てみましょう。
東京の沖合いに接近する07/18Zは7日、18Zは国際標準時なので日本時間では+9時間足します。
台風米軍情報0827-1

台風米軍情報0827-2

07/18Z→8/8(月)3時  最大風速75ノット(39m/s) 最大瞬間風速90ノット(46m/s)
08/18Z→8/9(火)3時

 

休み明けに関東地方から北日本の太平洋沿岸を通過する見込みです。
9日の月曜日の夕方、帰宅時間が関東地方で台風のピークとなりそうです。
点線の枠内は風速が17.2m/s以上になる可能性があり、注意が必要です

 

ECMWFヨーロッパ中期予報センターの予報

こちらはECMWF ヨーロッパ中期予報センターの台風情報です。
こちらも天気予報の正確性では最高水準の機関で米軍情報とほぼ同様の進路予想を立てています。
↓日本時間の8/8(月)9時

ヨーロッパ情報08080900

 

↓日本時間の8/9(火)9時
ヨーロッパ情報08090900
大きな違いは米軍情報は5日先までの予想ですが、ECMWFは10日先まで予想を立てています。
でも10日先の予想については正確性は低くなってしまいがちで、参考程度にとどめましょう。

台風5号米軍2016【最新】接近情報まとめ

米軍と名付けられた台風5号は日本の南海上を少しずつ北上しています。
8月6日から7日にはなんと小笠原諸島に近づきます。

台風5号が接近するのは幸いお盆休み前ですが、子供たちは夏休み
この週末、関東地方の海水浴場情報は気になる所です。

もしも台風が関東をそれても海はしけ模様になります。
この夏厳しい暑さの中あちこちで海の事故、熱中症の情報がとびかっています。
レジャーの時にはくれぐれも注意して、この夏楽しい思いで作りをお願いします。

尚、台風6号も発生していますので、こちらの情報についても注意しましょう。

スポンサーリンク