5fe9a8c69ee497ac5a45482b4975b822_s
2017年5月の夏場所で11勝を上げた高安は
3場所で33勝以上と言われる大関昇進の目安を上回り34勝になりました。
番付編成会議の臨時理事会で満場一致で大関昇進が決まりました。
伝達式では高安がどのような口上を述べるのかが注目されています。

スポンサーリンク

一昨年以来の大関誕生

夏場所で11勝を上げた高安が大関に昇進します。

大関誕生はおととしの夏場所後の照ノ富士以来2年ぶりとなります。
これで大関は照ノ富士、豪栄道と合わせて3人となります。

高安の新入幕は平成生まれで一番乗りだった

茨城県土浦出身の27歳

幼い頃は甘えん坊だった高安
中学生までは野球に打ち込んでいました。

15歳で各界入りしました。
入門してからは辛くて何度も部屋を逃げ出していたという高安。

平成17年春場所で初土俵を踏みました。

新入幕は平成生まれで一番乗りを順調に果たしていたのでした。
3役の壁を感じていたのでした。
ところが、年下の照ノ富士が先に昇進してしまいました。

高安にとっては兄弟子で横綱の稀勢の里の存在が大きかったのです。
兄弟子の稀勢の里と稽古を重ねる事で成長を続けてきました。

大関昇進の口上に注目が

本日の理事会におきまして
全会一致で
関脇高安を大関に推挙する事になりました。
本日はおめでとうございます。

謹んでお受けいたします。

大関の名に恥じぬよう正々堂々精進します。
本日はありがとうございました。

横綱の名に恥じぬようという言葉を使ったのですが
どうやら兄弟子「稀勢の里」の言葉をなぞったようです。

日本相撲協会八角理事長の言葉

満場一致で昇進しました。
相撲もさることながら私生活でも力士の手本となるようにして欲しい。

スポンサーリンク

大関昇進の口上一覧

今までの主な大関昇進の時の口上一覧です。

稀勢の里

大関の名汚さぬよう

貴乃花

不撓不屈の精神で

豪栄道

大和魂を貫いて

若乃花

一意専心の気持ち

照ノ富士

さらに上を目指して

a168777b626dfddf46a7af5a112e9a3a_s

隆の里

健康管理に努める

言葉で決意を述べる口上が毎回注目されています。

高安の大関昇進の口上は正々堂々精進します!稀勢の里のパクリ?まとめ

高安が最近よく言葉にしているのが「堂々」なんです。
堂々という言葉に高安に関する相撲の気持ちが込められているんです。

稀勢の里の弟弟子として最近注目されていた高安ですが着実に実力をつけて正々堂々と大関を手にいれたのでした。

今日を迎えられて幸せ!一生に一度の事だったのでかまないように述べようと思っていたおとても正直な高安。
口上には自分の気持ちを込められたとコメントしています。

大関になるにあたりしっかり自覚して自分の覚悟として語ったのでした。
自分の一番好きな言葉「堂々」です。

角界入りしたのは先代師匠のおかげだったと振り返る高安です。
たくさんの人に支えられた自分があるという。

各界入りして12年今後は次の横綱を目指してぜひ精進を重ねて欲しいと思います。

スポンサーリンク