syoutaizyou

ライダルフェアなどに参加され式場を決めると、次から次へと決定事項があります。

ほとんど式場で打ち合わせをしていくのですが、披露宴の席を決める作業や招待状注文という項目も有ります。

ここでおすすめしたいのが少し手間はかかりますが、東急ハンズの招待状をチョイスして手作り感を出す招待状づくりです。

スポンサーリンク

結婚式 招待状 手作り

招待状の中身を把握しましょう
結婚式の招待状の中身は、招待状本体、返送ハガキ、式場案内、封筒が最低限のセットになっています。
当日に乾杯の挨拶や受付など、何かお願いしている方にはプラスで付箋も同封ししょう。
すべてをセットして初めて招待状となるので、準備が非常に大変です。

5bed9a63e2fce8f52c2ad3168fb6535d_m

結婚式の招待状を手作りでオシャレに

手作りで招待状を作りませんか
式場で用意されているものはプリントからセッティングまで全ての用意を行ってくれるため、簡単ですがその分費用がかかります。そんな中で今日では手作りの招待状が人気を集めています。

インターネットでもいろんなデザインのものが販売されており、専用のテンプレートもあるので、パソコンを使って、それに合わせて挙式・披露宴の案内を記入すれば自分たちの招待状ができます。
自分達で作ったという達成感もありますし、式に招待されるお客様方も大変喜ばれる事でしょう。

スポンサーリンク

金額もデザインも豊富なのも魅力の1つです。

一から自分たちで作るため、手書きのメッセージを加えたり、イニシャルスタンプをおすなど、オリジナル感を出すこともできます。
全てを自分たちで準備するのは大変ですが、新郎新婦2人で準備するのも思い出の1つなので、楽しんで行う人も多いようです。

syoutai1

結婚式の招待状は手作り東急ハンズがおすすめ

少しでも費用をカットしたいですよね
手作りが一番安くかかると思いますが少しオシャレな招待状にしたい時東急ハンズの招待状がオススメです。

実際式場や業者に製作依頼をかけた場合と手作りの場合では、手作りの方が10分の1の費用で作る事も可能なので、費用を大幅にカットすることができます。
新生活には何かと見えないお金が必要になります、この際不要な部分はどんどんカットしていきましょう。

非常に魅力的ではありますが、手作りだからと言って記載ミスなどは絶対にあってはなりません。
よくあるのが、日にちや時間の間違いや、返送ハガキへの切手の貼り忘れなどです。
大切な結婚式への案内状なので、しっかり確認をするようにしましょう。

結婚式の招待状の宛名は毛筆がおすすめです

中身がセットできたら、封筒に宛先を書いていきます。
パソコンを使ってプリントすることも可能ですが、できるだけ毛筆で手書きにするようにしましょう。
自分達で毛筆で宛名を書く自信が無かったら両親や親戚の方に頼んでみましょう

syoutai3

 

結婚式の招待状は局員さんに手渡しましょう

招待状の用意ができたら、まず郵便局で重さの確認をします。
確実な金額の切手を購入し、全ての招待状に貼り付けます。

返送ハガキもですが、必ず慶事用の切手を貼るようにしましょう。
これで準備は完了です。
あとはポストに投函するのではなく、直接郵便局職員の方に渡すようにしましょう。
この招待状一つにおいても皆さんの心に残る結婚式になることでしょう。

スポンサーリンク