無関係なのに「商標出願」を繰り返す事で有名な大阪府にある企業が何時の間にか?ピコ太郎さのあのPPAPからちゃっかり「ペンパイナッポーアッポーペン」などのフレーズを商標出願している事がわかったんです。
どこの誰?って思ったらあ~あの商標登録出願を何千件もしているベスト ライセンス株式会社の代表者・ベストフレンド研究所・元弁理士の上田育弘さんだったんですね~

上田育弘が弁理士会が登録抹消の理由は?

朝日新聞のインタービューではなぜ(弁理士会の)手数料を払わないのか?
という質問に対して

権利化するメリットがあるものを、後から厳選して払う。数千件の中からいくつかを選び出す。もうけにはまだなっていないが、いつカネに結びつくかわからない。欲しい人が現れれば実になる。

答えていますが、「いつ金に結びつくかわからない。」という言葉が印象てきでした。

yahooの質問コーナーより引用

平成25年4月10日に弁理士登録を抹消されておりますが、何をしたんですか?
この商標登録出願は特許庁に対するいやがらせですよね。

私もてっきり嫌がらせだとおもったんですがちょっと違ったようですね。

回答から引用

登録抹消処分を受けているね。理由はこれだね。
第六十一条 弁理士会は、経済産業大臣の認可を受けて、【】弁理士会の秩序又は信用を害するおそれのある会員】を退会させることができる。
何故、【】に該当したのかどうかは、公開されていないから分からない。多分、弁理士の人がいれば、「パテント」に掲載されていたはずだから、分かっていると思う。

上田育弘てだれ?

商標速報botというtwitterのアカウントでは商標の出願をしたらとの後に数週間で公開されるしくみになっています。
いろんな会社や故人が出願した商標を見ることができてこんな商標があるんだ~とか面白いです。

上田育弘さんが出願している商標は他にあるの?

2015年だけでも14786件出願しているという。
これって日本国内の全体の約1割なんですって。

「ラブライブ」
「やられたらやり返す」
「やられる前にやり返す」
「やられなくてもやり返す」
はっきり言っても大量にあって書ききれません。
朝日新聞のインタビューでは
参考資料
http://irumashinjuku.net/?p=10254

どうして大量に商標を出願するの?

自分でも将来的に使う事ももちろんできますし、他人に譲渡する事もできます。
先に出願しておくと権利の仮押さえもできる。

ん~やっぱりお金儲けなんか~