冬の味覚カニが解禁になったばかりだというのに何と世界最強の猛毒ガニがみつかりました。
いままでにこのカニ1杯で人間が5人も食中毒にかかっています。
しかもその中の2人はあの世へ旅立ったとか
絶対に名前を忘れないでね。
ウモレオウギガニです。

スポンサーリンク

ウモレオウギガニとは

十脚目オウギガニ科に分類されるカニです。
カニですが有毒動物に分類されます。
カニ好きな人は川ガニでもなんでも食べてしまいますがくれぐれもこのハサミの先端が黒い特徴のある蟹は食べないでください。

 

2011年以来みかけた事がなかったのになんと11月4日に和歌山県すさみ町立エビとカニの水族館かの発表によると和歌山県の起きで鹿児島以南の亜熱帯や熱帯のサンゴ礁に生息するというウモレオウギガニが発見されたという。

小さいカニでさっと炙ったり、天ぶらにして食べると美味しそうです。
が、絶対に食べないでくださいね。
画像も付けますので必ずチェックして置いてくださいね。

海で釣ったり捕まえたものってなんでも持ち帰りたくなるのは心情ですが、この猛毒のカニだけは持ち帰らないでください。
食べたらあの世へ行きます。

スポンサーリンク