%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3
バレンタインデーに会社で同僚や近しい先輩後輩の男性にチョコレートを配るのは特に抵抗もないし、深く考える事もありませんが、上司が相手だとそうはいきません。

スポンサーリンク

上司にチョコレートを贈ったほうがいい?

せっかく用意したものなので気持よくお渡しできればよいのですが、相手によっては付き合いも浅くてどう思われるか分からないので、その上司と普段から関わりのある方に、バレンタインデーにチョコレートをお渡ししているかとか、自分のような立場の人からのチョコレートも受け取っているかなど聞いて調べたりします。
 
バレンタインデーのチョコレートなんて今では挨拶代りのようにやり取りするもので、会社の人などには特に深い意味を込めてではなく、普段のお礼のような気持ちで渡すのですが、年配の方にはまだ受け入れがたい習慣だという面もあります。
 
お渡しすることで、わいろのように勘ぐられても嫌ですし、お渡ししないことで残念に思われても嫌なので、相手がどういう考えかを先に知って喜ぶ方を選択します。
 
喜んでくれるならこちらも楽しく用意する事が出来るし、喜ばれないのなら渡すのを遠慮します。
 

上司にあげるチョコレートは何がいい?

また、渡す時には上司に対しては少し上等なメーカーのチョコレートを少量渡すようにしています。

私は手作りのチョコレートは恋人や夫婦といった近しい人にしか贈った事がありません。他人の手作りのお菓子を喜んでもらえるか疑問だからです。

かえって口にしづらく感じる人の方が多いような気がします。それよりは普段自分で買わないような良いチョコレートをおくって食べてもらったり、家族へのお土産にしてもらう方が良いと思います。
 
上司には、いつもおせわになっています、ありがとうございいますという程度ですが、必ずメッセージカードも付けるようにしています。
 

上司にチョコレートを贈る意味は?

バレンタインデーは普段の感謝を伝える良い機会だと思っています。

プライベートでは特別な日ですが、会社ではねぎらいの日という位置づけで良いと思っています。美味しいチョコレートを贈ってお互い気持ち良い日にしたいものです。
 

上司に贈るバレンタインチョコのまとめ

・バレンタインにチョコをあげているか周囲に聞いてみる
・上等なチョコを少量贈ろう、手作りは重い
・日ごろお世話になっている上司に感謝とねぎらいの日にしましょう

スポンサーリンク