zuwai

いよいよ蟹好きの人にはたまらない11月6日の解禁日がきて、水揚げされたカニが次々と漁港に戻ってきました。
そこで初競りが行われなんと鳥取県鳥取市にある中村商店の社長が今までは例がない100万円を超える130万円でズワイガニを競り落としました。
 
朝日新聞ニューサイトでは雄のズワイガニと書いていますが、ズワイガニは雄って決まってますのであしからず!
しかし石川のルビーロマンといい最近は高値で競り落とすのが流行っているのでしょうか??
それとも今年はカニが高いのか心配になって調べてみました。
 

スポンサーリンク

 

ズワイガニ解禁2016

鳥取市の鳥取港で11月6日に蟹漁が解禁されズワイガニ(松葉ガニ)が1杯(カニは1杯2杯と数えます、1匹とは数えません)
130万円の高値が付きました。
 
鳥取県の水産課では100万円超えは今まで例が無いという事でした。

130万円のカニってどんな蟹?

甲羅の幅が13.5cm以上、重さが1.5Kg以上の5つの基準を無他した松葉ガニには昨年から五輝星(いつきぼし)のブランド名が付けられています。 

今回の130万円の松葉ガニは甲羅の幅は14.5cmで重さは1.28Kgだという。
競り落としたのは鳥取市内の中村商店の中村俊介社長です。
 
matubagan130i

鳥取地震

中村商店社長の思いは先日の最大震度6を記録した地震(10月21日)の影響で鳥取県内の旅館を始めとするホテルなどで約1万3千件以上のキャンセルが発生しており少しでも鳥取県のPRになればと話しているそうです。
yahooニュースでも全国ニュースでも取り上げられ鳥取県のPRに一役かっています。
130万円で鳥取のPRです。
全国の皆さんどうぞ鳥取県へ観光に要らしてくださいね!

スポンサーリンク

松葉ガニと越前ガニの違い

カニというのはその水揚げされた場所(捕れた地域)により蟹の呼び名が決まります。
松葉ガニは山陰地方などの京都から島根県の漁港で捕れただけなのです。
ちなみに越前ガニは越前地方(福井県)の漁港で捕れただけなのです。
福井県のお隣石川県は加能ガニと呼ばれています。

 

蟹は最近はブランド化しておりとれた産地の名前が売れていれるだけで高値がついている状態です。
味にはそんなに変わりがあるはずがないので賢い人でしたら少し割安の松葉ガニを購入するでしょう。
 
蟹は生で買って自分で茹でてゆでたてを食べるのが一番の贅沢です。
生のカニですと焼きガニもできますし、少し切ってカニ鍋も最高です。
 
茹でてあるカニですと蟹の旨味が出てしまっていて残念です。
ホットプレートで焼いても美味しいですし、鍋でも蒸し焼きにすれば塩はほとんど要らず、蟹の濃厚な旨味がたっぷりと味わえます。

蒸し・茹で・生から選べる!山陰境港産 松葉がに約1.5kg詰(3〜5枚入) 訳あり 未冷凍 送料無料
 

ズワイガニ解禁日で高値130万円の理由とはまとめ

私は蟹が大好きで何杯でも自分で茹でて食べたい人です。
130万円の蟹は一度見てみたいものですが、沢山食べたいので鳥取県復興の為にも越前ガニより割安の松葉ガニを食べて少しでも協力させていただきたいと思います。

matubagani1
日本ではなんでもイメージが先行して地震とかあるとなかなか立ち直れない感じがします。
今日本ではあちこちで地震が起きて大変な事になっています。
家が崩壊とか
 
なかなか家に戻れないなど大変な状態はあまりニュースとして入って来ません。
その後の状態ってなかなか私達には伝わって来ないものですね。
 
徐々に寒くなって来て被災された方たちはどのようにお過ごしなのか本当に心配しています。
同じ日本の中、みんなで助け合って行きたいと思いました。
 
鳥取県に少しでも観光客が戻って来る事を祈ります。
テレビでも放送された松葉ガニを私も買って美味しくいただきます
 
鳥取県の皆さん負けないでがんばってくださいね!
がんばれ日本!
がんばれ鳥取県!
 
越前ガニ解禁日2016年は11月6日絶品セイコガニは今から予約して
越前ガニが美味しい旅館ランキングベスト5はココ!
ガニは今から予約して
 

スポンサーリンク