27113214d00fb2174e21736c6252ab6c_s
2017年今年もいよいよあと3ヶ月になって恒例の紅白歌合戦の出場者が取り沙汰されています。
昨年はSMAPがギリギリまで出場するのでは?とファンならずともヤキモキしましたね。

今年は是非出場して引退への花道を飾って欲しいのが安室奈美恵さんです。

女性週刊誌では早くも紅白の大トリ候補を安室奈美恵。
30周年にして初出場?のB’z
予想が取りざたされていますが今からワクワクしますね。
勝手に出演して欲しい出場者のリストを作ってみました。

スポンサーリンク

安室奈美恵のプロフィールは?

歌手の安室奈美恵さんが9月20日に、自身の
公式ホームページで芸能界引退を発表しました。

引退するのは2018年の9月16日です。
芸能生活25周年の節目をもって幕引きをすると決意をしたようですね。

生年月日1977年9月20日生まれの沖縄出身。
身長158cm
血液型はO型です

13歳の時同級生の女の子の付き添いで訪れ
そのときに創始者マキノ正幸さんい見込まれて
沖縄アクターズスクールで歌とダンスを始めました。

マキノ正幸さんがスカウトしたのは後にも先にも安室奈美恵ただ一人だったそうです。

アイドルグループSUPER MONKEY’Sのメンバーとして芸能界デビューしました。
ソロになってからは小室哲哉さんのプロデュースで次々にヒットを飛ばします。

1997年にリリースしたCAN YOU CELEBRATE?は200万枚のセールスを記録し、日本の女性歌手の中で歴代トップのシングル売上となっています。

安室奈美恵の紅白出場回数は?

1995年から2003年までの間にNHK紅白歌合戦に9回連続で出場しています。

安室さんの引退発表は当日から各メディアで取り上げられましたが、その発表をNHKがニュース速報で流したことはインターネットユーザーの中でも話題になりました。

そして、現在はインターネットを中心に安室さんがNHK紅白歌合戦に出場し、大トリを務めるという噂が出てきています。
出場回数9回を誇る歌手が14年ぶりの出場となれば話題を集めると思いますが、その視聴率が気になる人も少なくないことでしょう。

スポンサーリンク

安室奈美が紅白復帰で視聴率の予想は?

21世紀に入ってから「役目を終えた」という
指摘も増えている紅白歌合戦です。

それでも依然として裏番組より高い数字を誇っています。

2016年の平均視聴率は関東地区で第1部が35.1%、第2部が40.2%でした。
ともに2015年の平均を超えています。

2016年に数字がアップした理由としてSMAPのサプライズ出演の噂が指摘されています。

独立騒動をめぐり、既に決定的な亀裂がメンバー間に入っていたSMAPが最後のけじめとして出場するという、情報がメディアを賑わせていたのです。

結局SMAPは出場しませんでしたが、もしかしたらという噂があったので、たくさんの人が紅白からチャンネルを変えなかった可能性が高いのです。

安室奈美恵さんが出演の正式発表を回避した場合には、やはりサプライズ出場の噂がでるのではないでしょうか。
2016年のSMAPと比べて、全力疾走を宣言した安室奈美恵さんのほうが出演の可能性が高いため、数字は2016年を超えると予想します。

ここ5年ほどの紅白の数字は、第1部放送開始直後は30%前後で、第2部に突入すると40%超え始めるというパターンになっています。

2016年の東海地方の最高視聴率は22時10分ころに出演したKinKiKidsの47.5%です。安室奈美恵さんが大トリで出演した場合には、視聴率が50%を超える可能性も大いにあります。

安室奈美恵 が紅白歌合戦に復帰して大トリ?まとめ

今年歌う歌わないにかかわらず出場する可能せいのある歌手やタレントさんを上げてみると・・・

あさが来たでブレークしたディーン・フジオカさん
今年のサッカー日本代表のNHKテーマソングを担当しているONE OK ROCK

海外でも人気のバンドBABYMETAL
歌手ソロ活動30周年の工藤静香さん、もし実現したら19年ぶりの紅白出場になります。

今までに紅白に出場した事のない奥田民生さん

今年7月に無くなった平尾昌晃さんを偲んで、小柳ルミ子さんが瀬戸の花嫁を歌うのではないかと噂されています。
今年大ブレイクし一発屋だけでなく今や息の長い芸人になるのでは?と噂されているブルゾンちえみさん。

昨年はオリンピックのテーマソングを歌っていたのに不出場した安室奈美恵さん。
自分のファンの前でしか歌わないという信念を持っているようですが、引退したらもう紅白にも出場できなくなります。

NHKの方にも頑張っていただいて、是非コンサートにもいけない安室奈美恵さんのファンの為にも紅白に出場して欲しいものですね。

スポンサーリンク