NHKでも8月に南海トラフ巨大地震についての驚愕の事実を放送していましたが、この機会に真剣に地震対策を考えたら良いと思います。

スポンサーリンク

暖水渦とは?

暖水渦(だんすいうず)とよみます

水温が周りよりも高い水の塊(かたまり)の事です。
大きさは直径では100kmほどのものから数百Kmの大きさのものもあります。

暖水渦の中心部分は水面が高くなっていて外側にいくほど水面がさがっています。
世界百科事典より

海洋中に散在する周囲より高温の海水の塊。ふつう,直径100kmから200km程度の円形状をなし回転運動を伴っており,暖水渦ともいう。かつては海洋はかなり大規模な範囲にわたって均質な性質をもつと考えられていたが,最近20年ほどの海洋観測法の進歩とともに,海洋にはさまざまな空間スケールと時間スケールの変動が存在することが知られるようになった。…

私達ど素人には「暖水渦」と聞いてもピンと来ませんが、なんだか四国や紀伊半島の近くまで南海トラフは来るとNHKがテレビで言っていたのを思い出しました。

この年末年始に地震など起こらずに平穏無事にゆく年くる年ができる事を祈るだけです。

↓南海トラフにつて是非この知識だけは入れておいて下さい
南海トラフ巨大地震の被害想定【最新】津波予想で衝撃の新事実とは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク