%e3%81%b5%e3%81%9f%e3%81%94%e5%ba%a7%e6%b5%81%e6%98%9f%e7%be%a4
2016年12月のふたご座流星群の見頃がやってきます、12月13日~14日が見頃のピークですが、日本は全国的に雨の所が多く

広島県は他の県よりはましなほうで13日は雨、14日は曇りの天気予報です。雲がかかると流星は見えないので観測には多少の運も必要となりそうです。

スポンサーリンク

広島県でふたご座流星群の見頃はいつ?

流星群が最も発生頻度が高くなる時間が極大時刻です

2016年の極大時刻は12月14日9時頃ですが、昼間は流星が見えないので実際の見頃は前後の夜間になります。

ふたご座流星群の見頃
12月13日日没~14日夜明け
12月14日日没~15日夜明け

広島県でふたご座流星群の見える方角は?

ふたご座の方角から放射状に流星が流れますが、流星を見つけるにはふたご座の方角にこだわらないほうがいいです。

どちらの方角でも良いので広い空を探しましょう。月が満月に近く月明かりが強いので観測の邪魔になります。

月明かりが目に入らないように別の方向で流星を探しましょう。

ふたご座も見たい!見える方角は?

流星群を見るには、別にふたご座の方向にこだわる必要はありませんが、せっかくなのでふたご座の位置も確認しましょう。

12月15日(木)0時に東の空60度の高さにふたご座のカストルが見えます。
%e3%81%b5%e3%81%9f%e3%81%94%e5%ba%a7

ふたご座のカストルの位置

12月14日(水)19時 東北の水平線あたり
12月15日(木) 0時 東の空60度の高さ
12月15日(木) 2時 天頂付近
12月15日(木) 5時 西の空55度の高さ

流星を見つけるにはどちらの方角でも良いのでなるべく月明かりを避けて暗い方向を探しましょう

流星が出現する頻度は1時間に20個程度の予想です。

天体観測の準備

12月になりめっきり寒くなりました、明け方の冷え込みは厳しく9℃くらいまで下がる天気予報です。山間部や標高の高いところはもっと下がります。

充分な防寒対策をして出かけましょう。

火を使った焚き火は危険なのでやめて使い捨てカイロなどを使いましょう。

スポンサーリンク

広島県の天体観測スポット

流星を見る観測スポットは市街地の照明を避けて暗い場所が良いので山や海辺の公園などが良さそうです。

山間の三次市は降水確率が60%と高めなので、お天気運もありますが海辺の呉市あたりが良いかもしれません。

※tenki.jpのピンポイント天気を引用

☆県民の浜

広島県呉市のピンポイント天気
12月14日23時 降水確率10%
所在:広島県呉市蒲刈町大浦7605

☆道の駅 豊平どんぐり村

所在:広島県山県郡北広島町都志見12609

☆星居山キャンプ場

所在:広島県神石郡神石高原町阿下1091
標高700m

☆三原市宇根山天文台

広島県三原市のピンポイント天気
12月14日23時 降水確率10%
※天文台の場所のピンポイント天気ではありません
所在:広島県三原市久井町吉田370-29

☆弘法山こども天文台

広島県三次市のピンポイント天気
12月14日23時 降水確率60%
※天文台の場所のピンポイント天気ではありません
所在:広島県三次市甲奴町西野540-1

 

スポンサーリンク