%e6%8a%98%e3%82%8a%e7%b4%99%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3

折り紙は昔から伝わる伝統的な遊びです。
誰もが小さい時に遊んだことがありと思います。
上手、下手関係なしに成長に合わせて色々な折り方を経験していると思います。三角、四角これが基本の典型的な折り方です。
知らず知らずに折っていたと思います。

私も、飛行機なども沢山折りました。
その時にいろいろな形のものを作るのに様々に折っていました。折ったりすることで、手先も器用に使えるようになりました。

昔は、鶴や風船などから始まって生き物や花、食べ物、乗り物などを折る事が多かったです。

本も色々と有りましたが、お手頃な価格で購入するのが難しかったです。折り紙に入っている付録を参考に折って、楽しんでいました。
学生時代に折り紙の授業がありました。色々な技法を教えてもらいました。1技法ずつ台紙に貼って折ったものも貼り最後にアルバムにしました。
色々折ってもすぐに忘れてしまうので、ノートに1パターンづつ折っては貼っておきました。

今は、折り紙の本も沢山出ています。
100円ショップでも売られています。
価格的にも手軽に購入できる本が増えました。
伝統的な折り方の本、有名なキャラクターが折れる本など、沢山あります。色々な人が折りやすく解説して写真入りのものもあり、興味を引くような本が増えました。外国の方が作る作品などの本も有ります。

私もいくつもの本を購入して色々と折って楽しみました。
職場の壁に季節折々のものを折って展示しました。こいのぼりやハートで虹を作ったのは綺麗でした。

キャラクターは少し難しいことがあります。
折り方も複雑だったりするので一度、基本のパターンを理解して折ってみておいたほうがいいと思います。
初めての折り方も多いことも有ります。
もう、いやだと言っても折ってみたい気持ちがあるので頑張っているうちにくしゃくしゃになってしまったり、敗れてしまったりを繰り返しながら完成させました。やっと出来てもピシッとしていなくて、満足いかないことが多かったです。

複雑なパターンが理解できない時にインターネットでアニメを見ながら折るサイトを見つけ、基本的なものから見てやり方を覚えました。アニメで1つずつ丁寧にパタパタと折っていくのを見ているだけでも楽しいので、すごく引き込まれ真剣になって見ているうちに覚えました。

キャラクターなどかわいく折るにはまず、模様も重要です。市販で折り線があり、順番で折れるタイプのものもあります。今は、インターネットでも紹介されていて無料でさまざまな折り方が見られます。同じサイトで折り紙の模様も印刷して使うことが可能なコーナーもあります。色々な便利なものを使うことで思ったよりも簡単にかわいい物が、リアルなものが。キャラクターが折れます。

世間で色々と話題になると折り紙でも登場したりします。
びっくりするほどリアルに作られていたり、また、なんとなく似ているのかなと思うような感じのものもあったりします。色々と選ぶのも楽しいです。