兼六園ライトアップ
日本三名園のひとつである、廻遊式の庭園である兼六園。

江戸時代の大名庭園として、歴代の加賀藩主により長い歳月をかけてつくられてきました。

石川県の金沢にある日本三台庭園のひとつとして知られている兼六園は、金沢の四季折々の美しさを楽しめる庭園として、国内はもちろん海外からの観光客も多く訪れる観光スポットであり、歴史的文化遺産です。

スポンサーリンク

兼六園の入場料と無料開放の期間について

普段は入場料として大人310円と子ども100円を支払う事で中に入る事ができるようになっています。

ですが実は無料で兼六園を楽しむためのコツと言うものもあるので、上手く活用して兼六園や関連施設を楽しむ事ができるのです。

じゃあどうやったら入場料が無料になるのかと言うと、1つは早朝無料開放というものがあります。

これは通常兼六園は7時もしくは8時から開園となっているのですが、3月中と9月から10月末までは5時から、4月から8月末までは4時から、11月から2月末までは6時から入園すれば無料で楽しめるようになっているんです。

退園は有料開園時間の15分前までとなっているのですが、それでも1時間は楽しめるのでおすすめです。

また年末年始や観桜期の1週間・金沢百万石まつりの3日間・お盆の期間(8月14日から16日まで)・11月3日の文化の日など特別な日も無料となっていて、

定期的に開催されている金沢城と兼六園のライトアップの時期も無料で入園できます。こちらはイベントも一緒に開催されているので、イベントを無料で楽しめると言う点でお得ですよ。
そして65歳以上の人は年齢証明を提示することが条件で入場料が免除されますし、石川県民であれば毎週土日は県民鑑賞の日ということで入場料が免除されるのでこちらも活用して兼六園を楽しみましょう。

兼六園の時間帯でライトアップはいつ頃?

兼六園は春、夏、秋、冬とそれぞれライトアップを行います。

春には兼六園の無料開演とともに、金沢城、兼六園観桜期ライトアップが4月2日から10日、7時から21時半まで行われます。
また4月28日から5月7日までは18時半から21時まで春の段のライトアップが行われます。

日が暮れる時間に合わせて兼六園を訪れる観光客も多くなります。
夏の段は6月3日から5日の19時から21時まで、金沢城百万石まつりにあわせてライトアップが開催されます。

秋の段は美しい紅葉の時期、11月18日から12月3日まで17時半から21時にライトアップが行われます。
冬の段は、1月27日から2月4日の17時半から21時までと、3月17日から3月19日の18時半から21時にライトアップが行われます。

春夏秋冬の美しい兼六園が幻想的に輝く、ライトアップは観光客にも人気のイベントです。

スポンサーリンク

兼六園の駐車場で安いのはどこ?

日本でも三大庭園の一つとして知名度もある兼六園ですが、金沢市の中心に位置する場所に存在します。

金沢駅からも徒歩では若干、時間がかかることもあり、自動車で観光するのに適していますが、

兼六園は市内の中心エリアに存在する為、比較的に駐車場がない場所に存在します。

もし行き当たりばったりでドライブがてら自動車で訪れてしまうと、駐車場を探す必要があり、無料駐車場がないので、意外と困ることが多いです。

近くに石川県兼六園駐車場が存在しますが、最初の1時間が350円で以降30分毎で150円かかることとなるため、お得であるかと言えば必ずしもそうは言えません。
そこで安い駐車場を探す上では、まず兼六園と金沢の台所である近江町市場はセットで買い物まで堪能することが良く、その近江町市場の駐車場を利用すると良いです。

ちなみに近江町市場から兼六園までの距離は徒歩15分ほどなので容易に行ける距離です。

また料金が普通車の場合だと1時間30分まで250円で以降30分ごとに100円で安い上、近江町市場で買い物をしてスタンプを貰えば料金の割引を受けることができるからとなります。

他に金沢駅屋上駐車場が金沢駅に存在し、そこに自動車を駐車してバスで兼六園へ行くことも可能です。

それだと12時間で800円の料金だけで済むため、観光して帰るのに十分、時間の余裕が生まれます。

兼六園の雪のきれいな時期は?

兼六園の見所はたくさんありますが、冬の時期の雪は定番とも言えます。
全ての季節に良さはありますが、そのなかでも雪のなかでの自然はとても魅力的であり格別なものですから雪の時期に合わせて観光しに行くのが良いかもしれません。
兼六園雪景色
兼六園で雪が綺麗な時期ですが1月から2月頃になります。
11月頃はまだ秋なので雪は降りませんし、12月は降ったとしても気温次第ですぐに溶けてしまいます。
しかし秋と冬の混ざった景色が見られるので独特の美しさはあります。

本格的な雪のシーズンになるのが1月頃になりまして、唐崎松の雪吊りは素晴らしいものがあります。
これが見たいがために兼六園に来られる方も多く、天気が良い日だと遠くまで綺麗に見渡せるので兼六園の雰囲気を楽しめるでしょう。

2月頃もピークの真っ最中になりまして1月同様に美しい景色を見れます。
特に前夜に降っていると唐崎松にたくさん積もっている所が見れて幻想的な雰囲気をより味わえます。
夜になればライトアップもしますのでロマンチックな雰囲気が出ますのでカップルで来られる方にもおすすめと言えるでしょう。
このように兼六園に来られる方はどの季節や時期もおすすめですが1月から2月頃に来られるのが良いと思います。

スポンサーリンク