dawn
水沢ダウンはデサントというスポーツメーカーが開発したダウンジャケットのことで、水沢工場で作っているためにこの名前で呼ばれていますが正式名称は「オルテライン」といいます。

この水沢ダウンはダウンの中でも特に人気だと聞いていますが、私達でも手に入るのか調べてみました。

スポンサーリンク

水沢ダウンの優れた保温性

寒い冬には必須アイテムなダウンジャケットですが暖かい分水に弱いです。
良いダウンでも縫い目があるのでその縫い目から水が入ると保湿性も下がります。

その弱点をなくして縫い目のダウンを作ったのが水沢ダウンです。
何よりステッチがないので保湿性もあがってダウン量が少量でも大変暖かいです。

水沢ダウン マウンテニア サイズ感

ダウン量が少ないとジャケットでもすっきりとしたきれいなシルエットになります。
着膨れをしないおしゃれな着こなしが出来る細身のダウンです。

極寒の地でも対応可能で温度調節可能なので暑くなりません。
寒暖さに対応できるのも大きな特徴です。

スポンサーリンク

中でもマウンテニアはすごく良いです

アンカーよりもジップの主張が強めですがシンプルタイプで全ての人向けで前開けがとてもかっこいいデザインです。

閉めると閉じたときよりも好みにもよりますが良い感じです。
デザインはベースモデルのアンカーに比べるジップが少し目立っています。

 

フードは水や雪がたまらないようにパラフードシステムが搭載されていて、雪がたくさん降る地域の人におすすめです。
表地にはダーミザックスマイクロストレッチを使用しています。

ベンチレーションシステムもあってダウンジャケットは暖かいので場所によっては暑くなることもありますが、そのときはフロントジップを止水からもうひとつのジップに切り替えてメッシュ素材になっているので熱を逃がすことが出来ます。

ジップをすべて開けると熱を逃がすこともできますが動いているときは不便ですし、自転車とかだと閉じないと動いてしまい邪魔になります。

裏地はヒートナビを使っていて温度を快適に保ちます。
暑さや寒さ、雨や雪にも対応可能なハイスペックダウンで価格は高めです。

 

とても高性能なマウンテニアですがジャーナルスタンダード別注タイプもあります。
こちらは着丈が長くなったモデルで、ジップを閉じて細めのパンツを履くだけでもスタイルが決まります。

とても人気があって予約でも完売が必死のアイテムです。
冬アフターは時期がくると大体とこでも40%50%オフになっていますが、中でも水沢ダウンのマウンテニアは人気が高いです。

 

別注は取扱い店舗で行なうことが出来ます

取扱い店舗は毎年増えてきていますがかなり人気があるので売り切れになったり、その店に1モデルしか置いてなかったりして一度に全てのモデルがおいてあるお店はあまりないです。

暖冬なときでもどこの取扱い店でも売り切れ店が続出です。
他のブランドはよく売れ残ってしまい50%オフになっていることはよくあります。

 

それからすると水沢ダウンの人気は本当にすごいことがわかります。
デザイン自体だけだと特別人気が高いわけではありませんが、やはり機能性などを考えると売り切れになるのも納得がいきます。

水沢ダウンのマウンテニア 別注まとめ

水沢ダウンのマウンテニアですが、調べているうちにどんどん欲しくなっていきました。
ヤフオクなどでも中古のダウンが販売されていますが、できたら自分のサイズに合う水沢ダウンを購入したいと思いました。

スポンサーリンク