142968b

出産後のダイエットの方法はいくつかありますが、その中でも人気があるのが骨盤矯正ダイエットです。出産時には骨盤が開いた状態になります。その状態が戻らなければ、体重は元に戻ったにも関わらず、体型は戻らないということにもなりかねません。また、骨盤が歪んでいると、腰痛や肩こりなどの症状が悪化する原因となる可能性もあります。
食事制限をするというダイエット方法もありますが、子供を相手にするということは思っている以上に体力の必要とすることですので、無理な食事制限は健康を害する結果になる可能性もあります。骨盤矯正ダイエットであれば、体に負担をかけること無く、行うことが出来るということもあり、人気があります。
産後ダイエットで骨盤矯正を行うという場合には、産後2ヶ月から6か月までには行うようにしましょう。出産後間もない時期は、悪露が出たり、体調が悪くなる、慣れない育児で余裕がないなどがありますので、避けるようにしましょう。

特に、出産後するに無理に骨盤矯正を行った場合には、悪露が残ってしまうこともありますので、注意が必要でしょう。また、出産後6ヶ月を過ぎると、出産で開いた骨盤が自然に閉じた状態になります。

一度閉じてしまった骨盤を矯正しようとしても、思ったような効果を得ることが出来ない可能性があります。
産後ダイエットに効果的な骨盤矯正の方法としては、骨盤ベルトや産後ガードルを使用するということです。理想的な体型にするためのサポートをしてくれますし、着用するだけですので、時間がないという人でも気軽に続けることが出来ます。

産後ガードルや骨盤ベルトを使用するという場合には、最初からキツく締めてしまうと、逆効果となる可能性がありますので、注意が必要です。
時間に余裕があるという場合には、手軽に行うことが出来る運動も取り入れてみることをおすすめします。誰にでも行うことが出来る運動として、足を肩幅に開き、腰に手をおいた状態でゆっくりと腰を回していきます。

この時、回しにくい方向があれば、その方向が歪みが大きい方です。早く回すのではなく、ゆっくりと回すことを意識するようにしましょう。そして、太ももの上にある骨盤の出っ張りに手を置き、まっすぐに立った状態で骨盤を左右に押し込むようにします。腰を回す運動と骨盤を押し込む運動はセットで行うと高い効果を得ることが出来ます。
一度に長時間運動を行うよりも、少ない回数でも継続して行うことがダイエット効果を得るためには大切になります。無理をしないように自身の体調などを考慮し、行うようにしましょう。
普段の生活の中でも、骨盤が歪まないように正しい姿勢を心掛けるようにすることで、骨盤が歪むことを防ぐことが出来ます。足を組んだり、左右どちらかに体重をかける癖があるという場合、荷物を左右どちらかで持つことが多いという場合には、歪みにつながりますので、行わないように意識をすることが大切です。