シンプル流星
ペルセウス座流星群が8月13日見頃を迎えます。

今年は映画「天気の子」でも登場し、ペルセウス座流星群に関心が高まっています。

ペルセウス座流星群が多く見えるのは月が西の空に沈む3時から明け方
今年の見頃:
⇒8月13日3時~未明

暑い夏の季節ですが流星の観測スポットは涼しい場所もあります。

夏休みでお盆休みの時期にも重なっています。

ペルセウス座流星群をこの夏楽しんでみませんか?

東京周辺、関東地方の流星観測の定番スポットも紹介します。

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群の見頃

流星の発生頻度が最も増える時刻が極大時刻です。

極大時刻:8月13日16時
この時間はまだ日中なので流星群は見えません。

今年は8月15日が満月で月明かりが観測の邪魔になります。
月が深夜3時に沈むので沈んだ直後から明け方までが見頃です。

流星群が多く見えるのは
・8月13日16時の前後24時間
・月が西の空に沈む3時から明け方
この条件が重なる

2019年の見頃:8月13日3時

流星の発生頻度は1時間に30個程度と予想されています。

ペルセウス座流星群の見える方角

見頃を迎える8月13日3時頃に北東の空にペルセウス座は位置します。

流星が発生する位置が輻射点です。

ペルセウス座付近の輻射点から放射状に流星が流れます。

流星を見つけるためには輻射点の方角にはこだわらないで、広く空を見ていたほうが見つけやすいでしょう。

3時前はまだ月が西の空に出ています。

月とは反対の方角を見てペルセウス座流星群をさがしましょう。

ずっと徹夜で起きているのは眠いので深夜の2時くらいまで仮眠してから、起きて観測を始めればちょうど見頃になります。

ペルセウス座流星群の放射点の位置の調べ方

国立天文台暦計算室の「今日のほしぞら」を利用すると放射点の位置について調べる事ができます

せっかくなのでペルセウス座もどこに見えるか確認しましょう。

8月13日の3時頃、明けの明星、スバルが東の空45度に見えます。

スバルを目印に少し北よりにペルセウス座は位置します。

スポンサーリンク

関東の流星観測スポットのまとめ

関東北西部の天体観測スポット

埼玉県】  【群馬県】  【栃木県

東京都内の観測スポット

東京都

関東南部の観測スポット

神奈川県

東関東の観測スポット

茨城県の天体観測スポット


☆大洗磯前神社 神磯の鳥居

☆里美牧場(プラトさとみ)
所在地:茨城県常陸太田市里川町863-35

千葉県の天体観測スポット

☆大山千枚田
所在地:千葉県鴨川市平塚

☆東浪見海岸

☆利根川ゆうゆう公園

 
 

スポンサーリンク