長崎ランタンフェスティバル2019のメインオブジェが1月30日に湊公園に運び込まれます。

今年のメインオブジェは五体の麒麟をモチーフにした「五麟」(ウーリン)です。

スポンサーリンク

NBC長崎放送のNスタでランタンメインオブジェを放送

NBC長崎放送
放映予定時間:1/30(水)16:50~18:55
紹介タイトル:
「ランタンメインオブジェを設置」

※同番組で紹介される「走る!!おでん電車」ですが、、、
※おでん電車は予約制で放送前にすでに完売しています。

この記事はテレビ放送前の予測記事です。実際の放送内容とは異なります。

五麟が長崎に到着しました。

中国で製作され、韓国経由で1月18日に長崎に届きましたが、しばらく小ヶ倉柳埠頭で保管されていました。

組み立てのため、1月30日に新地の湊公園に運ばれます。

オブジェは3種類あり「五麟」と「福寿三多」、3つ目についてはわかりませんでした。

「福寿三多」は今年の干支の猪で三多は「多福」「多寿」「多子」を現しています。

(画像は1月18日の放送分)

さて、「五麟」は10メートルほどの高さで巨大なオブジェです。

五麟は中国の伝説の生き物で5種類の麒麟という意味ですが日本では麒麟は黄色のイメージが強いですね。

五体の麒麟は色が1つずつ異なっており黄色、赤色、白または金色、黒色、青色です。


(画像は1月18日の放送分)

五体の麒麟の種類と名前

今回、製作された五麟のオブジェは五体の上から順番に

黄色:土の属性:麒麟(きりん)(チーリン)

赤色:火の属性:炎駒(えんく)(イエンジュゥ)

金色:金の属性:索冥(さくめい)(ソォンミン)

黒色:水の属性:角端(かくたん)(ジャオドゥエン)

青色:木の属性:聳孤(しょうこ)(ソンフゥ)

と読みます。

属性は中国の五行思想で万物が木/火/土/金/水の五元素から成り立っていると考えられました。

土の属性が中央、中心となります。

五方では、東/南/中央/西/北

五時では、春/夏/土用/秋/冬

夏の土用が有名ですが土用は四季で4回あります。

スポンサーリンク

長崎ランタンフェスティバルの日程と会場紹介

開催期間:2019年2/5(火)~2/19(火)
五麟が展示される湊公園のステージではさまざまなイベントが開催されます。

【今日の新地中華街会場のイベント日程へ】