流星群観測

11月17日(18日未明)に、しし座流星群が見頃を迎えます。

今年は新月で月明かりがまったく無いため流星観測の好条件です。

東京周辺、関東地方の流星観測の定番スポットも紹介します。

スポンサーリンク

しし座流星群の見頃

流星の発生頻度が最も増える時刻が極大時刻です。

2017年のしし座流星群の極大時刻は

極大時刻:11月18日(土)AM1時です

流星の発生頻度が最大で1時間に10個程度と予想されています。

しし座が1時頃、東の空から昇り始めます。

流星はしし座近くの放射点から放射状に流れます。

放射点の高度が高いほうが流星を見つけやすいため

しし座流星群の見頃は
11月18日(土)1:00~未明です

しし座流星群の見える方角

あまり、しし座の方角にこだわらないほうが良いでしょう

空を広く見て流星を探したほうがみつけやすいです。

今年は月明かりがないので、雲が無い方角、街の明かりが届かない方角を探しましょう

しし座流星群の放射点の位置の調べ方

せっかくなので、しし座の方角も確認しましょう
国立天文台暦計算室の「今日のほしぞら」を利用すると放射点の位置について調べる事ができます
18日4時頃、東南東の方角、45度の高さにしし座は昇ります。
しし座東京

2017年に見頃となる他の流星群はこちら
2017年の流星群のまとめ

スポンサーリンク

関東の流星観測スポットのまとめ

関東北西部の天体観測スポット

埼玉県】 【群馬県】 【栃木県

東関東の観測スポット

千葉県】 【茨城県

関東南部の観測スポット

神奈川県

東京都内の天体観測スポット

★砧公園
〒157ー0075 東京都世田谷区砧公園1番1号

★夢の島公園
〒136-0081 東京都江東区夢の島

★武蔵野の森公園

〒183-0003 東京都府中市朝日町三丁目

★石神井公園
〒177-0041 練馬区石神井町5-17

 

★奥多摩湖

スポンサーリンク

2017年の流星群のまとめ

みずがめ座δ流星群
極大時刻:7月28日

やぎ座流星群
極大時刻:7月31日
流星の発生頻度が最大で1時間に4個程度と予想されています。

みずがめ座δ流星群と時期が近いので区別は難しいでしょう。

ペルセウス座流星群
極大時間:8月13日4時
流星の発生頻度が最大で1時間に20個程度と予想されています。

極大時刻に月齢20の月がちょうど南の空にあり、月明かりが観測の邪魔をします。

ペルセウス座流星群は光量が大きい流星も多いのでなるべく月とは反対の方角で流星をさがしましょう。

はくちょう座κ流星群
極大時間:8月18日頃
流星の発生頻度が最大で1時間に3個程度と予想されています。
明け方に月が昇り始めるので日没から夜半までが好条件です。

りゅう座流星群
極大時間:10月9日03時
2017年は月が一晩中出ているため悪条件です。

オリオン座流星群
極大時刻:10月21日20時
流星の発生頻度が最大で1時間に30個程度と予想されています。
月齢が新月で月明かりが無いため一晩中、観測の好条件です。

しし座流星群
極大時刻11月18日01時
多発する年もありますが、最近では1時間に10個程度の発生頻度です。

ふたご座流星群
極大時刻:12月14日15時頃
流星の発生頻度が最大で1時間に120個程度と予想されています。
極大時刻がちょうど昼間なので、その前後の夜が見頃になります。
月が2時頃に沈むため、深夜から夜明けまでが見頃です。