%e5%85%a5%e5%ad%a6%e5%bc%8f%e7%9d%80%e7%89%a9

小学校の入学式ではスーツを身につけたお母さんが多く見受けられるのですが、最近では着物ブームが訪れているのか着物を着て参加しているお母さんの姿も見かけるようになってきています。

一見すると着物は目立つんじゃないのか?と不安に覚える人も多いんじゃないかと思うのですが、確かに目立つ部分はありますがブームに乗って身につけているお母さんが増えてきているのでそこまで目立つ心配はないようです。またスーツとは違って上品な印象を与える事ができるので、特に私学などの場合は他の家との差をつけるという意味でも着物を身につけるというお母さんが実は多いらしいです。
それじゃあ小学校の入学式で身につける着物はどんなものでもいいのかというとそうではなく、一般的には「訪問着」「色無地」「付下げ」という種類のものが身につけられています。

これらの特徴は派手ながらのものではなくシンプルな柄であることが多いと言うところであり、そうすることによって子どもと並んでもしっかり子どもを主役として引き立てることが出来るようになりますしそれでいて上品な雰囲気を演出する事が出来るので決して地味にならないというところがポイントになっているようです。

その中でも特に上品に着こなす事ができるのが訪問着であり、正装のひとつとして冠婚葬祭のいずれの場面でも利用することが出来る着物として親しまれています。
訪問着を利用するメリットとしては未婚・既婚に関わらず身につけることが出来ると言うところなので、独身時代から持っているものをそのまま利用することができるというところにあります。

しかも冠婚葬祭のいずれの場面でも比較的利用しやすくなっていますし、入学式のようなちょっとしたイベントの時に使い回すことができるようになっているので1着持っておくだけでも非常に使いやすくなっています。

その上柄や雰囲気のおかげで全体的に上品にまとめることが出来るようになっているので、品のあるお母さんと言う印象を与えやすくなっていると言うところも大きなポイントですね。
ちなみに帯や小物・ヘアスタイルも色々アレンジすることができるので色々な年代の人でも着こなしやすくなっていますし、コーディネートを楽しむことができるというところもポイントです。なので訪問着など敷居が高いのではないかと敬遠しがちな若いお母さんたちであっても比較的手軽に楽しめる正装になっているので、これから子どもの入学式を控えていると言う人には是非チャレンジして欲しいスタイルです。
ちなみに訪問着などの和装は購入するとなると結構値段が張るのでなかなか手を出しにくい!けれども折角の晴れの日くらい上品にまとめてみたい!と言うお母さんも多いのではないでしょうか。そんな人におすすめなのがレンタルサービスで、最近では訪問着もレンタルで好きな柄や色合いのものを借りることができるようになっています。

その年流行のものを身につけることが出来ますし、購入するよりも安いので初めてチャレンジすると言うお母さんにはこちらがおすすめです。