花粉症
食べるマスクと呼ばれる、シールド乳酸菌のタブレットが人気を博しています。これには免疫力を高めることをモットーとして開発されました。

その効果により、花粉症などのアレルギー症状への働きかけが期待されるのです。

スポンサーリンク

花粉症に効く食べるマスクとは

「食べるマスク」という商品名は一度聞くと忘れる事がなかなかできないネーミングです。面白いネーミングと商品で密かにその知名度を上げている商品なのです。

「食べるマスク」と聞いてどのようなものかを簡単に想像できる人は少ないかもしれません。

埃から喉を守るものなのか、風邪予防の効果がある物なのかなど様々な想像が膨らみます。

森永製菓が発売しているこの「食べるマスク」はシールド乳酸菌M‐1を含んだタブレットのお菓子であり、ウィルス感染予防の為の口を覆うマスクとは全く別の商品になります。

しかしながら、タブレットに配合されているシールド乳酸菌M‐1は、森永製菓が発見、命名した乳酸菌なのです。

食べるマスクに含まれるシールド乳酸菌は、外部の敵から守ってくれる盾をイメージして名付けられました。

実際に、この成分をマウスに摂取させたところ、インフルエンザの症状を軽減させる効果が確認されたのです。

シールド乳酸菌とは乳酸菌との違い|死菌でも免疫力が高められるって本当?

ここ最近よく耳にするようになっており注目を集めているのがシールド乳酸菌です。

シールド乳酸菌が含まれた食品も数多く販売されるようになりましたが、一般的な乳酸菌との違いがわからないと考えている人も少なくはないのではないでしょうか。

シールド乳酸菌は数千株の中から選び抜かれた乳酸菌であり、死菌で少ない量でも効果を得ることができるというのが特徴となっています。

量ではなく質を優先させることが可能となったと言えるのではないでしょうか。

乳酸菌の量が増えると、その分味にも影響がでてしまい酸っぱくなってしまいますがシールド乳酸菌ならば量が少なくても済むので味が酸っぱくなってしまうことを防ぐことが可能となっているのも、摂取しやすいポイントです。

一般的なものとは違い死菌で効果を得ることができるようになったので、加熱処理済みで品質に変化がないというのも安心できる点となっています。

外部からの敵を防御する効果があり森永乳業が独自に名付けているので、シールド乳酸菌と名の付くものは森永乳業の商品ということになります。

腸内環境を整えて免疫力を高めることで風邪をひきにくくなったり花粉症の予防にも繋げる効果が期待できるようになっています。

スポンサーリンク

食べるマスクの効果とは

そもそも体内には、ウイルスや病原菌などが体を守ってくれる、免疫と呼ばれる力が働いています。

このおかげで健康な生活が送れる反面、様々な要因によって容易に低下してしまうのです。

それは、ストレスや加齢など、ありふれた原因によって低くなってしまいます。そのため、常に免疫を向上させることを心がけなければなりません。

免疫を発揮してくれる細胞の半数以上は、腸の中に存在します。そのため、腸内環境を整えることが、極めて重要となってくるのです。

食べるマスクタブレットの中には、3粒で100億個ものシールド乳酸菌が含まれています。これは1日の必要量を賄える数です。

花粉症が気になる人は、こうしたタブレットなども利用して、対策をとっていきましょう。

食べるマスクは1日何個で効果あるの?どんな味?

インフルエンザや風邪が流行する時期、花粉症が飛ぶ時期にはマスクは欠かせません。

保有している菌を周囲にまき散らさないようにする効果がありますし、外から入り込む花粉やウィルスを入り込ませないようにすることができます。

ただマスクは便利ですが、いつでもマスクをして外部からの刺激を防ぐことができるわけではありません。そんなときには食べるマスクが有効です。

食べるマスクは、口の中に入れることでシールド乳酸菌を作り出すことができ、それらが外部から入り込んでくるウィルスや花粉を防御する役割を持っています。

乳酸菌は免疫を高める効果があるため、外部からの刺激を抑えることに役立ちます。食べるマスクは1日何個食べればいいのか迷うことがあります。

ヨーグルト風味でお菓子感覚で食べることができるので、つい食べ過ぎてしまいがちですが、3個たべることによって1日に必要な100億個のシールド乳酸菌を得ることができます。

食べるマスクは小さいお子様から高齢者まで、誰でも安心して摂取することができます。

ヨーグルト味なので食べやすく、食べるマスクを摂取するだけで喉の乾燥予防になったりすっきりさせる効果、さらに体調をキープするように促す効果が期待できます。

食べるマスクの価格は?コンビニやドラッグストアの売り場はどこ

食べるマスクの効果は名前の通りシールド=盾、つまりは外敵から守る、防御するというイメージを持って命名されています。免疫力を高める効果が期待されています。

マスクのイメージは埃やウィルスから身体を守る役割がありますので、食べる事によってシールド乳酸菌M- 1を体内に取り込んで身体の免疫力を挙げるという意味が込められている面白いネーミングなのです。

価格帯としては、店舗によって差がありますが、200円前後で販売されており、お手頃な値段であるといえます。

コンビニエンスストアではまだおいていない店もありますがドラックストアなどでは比較的見つけることが出来ます。

シールド乳酸菌が摂取出来る吉野家の豚汁 永谷園m-1みそ汁 タカノフーズすごい納豆

食べるマスクは便秘解消に効果あるの?森永のシールド乳酸菌とは

 

 

スポンサーリンク